• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 警察介入でゲイの台湾離れ加速

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警察介入でゲイの台湾離れ加速


アジア最大規模のゲイパレード

 台湾・台北で10月31日、毎秋恒例のゲイパレード「台湾同志遊行」が行われた。13回目の今年、沿道の見物客を含めた参加者は、昨年の6万5000人を上回る8万人(主催者発表)。大盛況かと思いきや外国人観光客は減っているという。台湾は近年、世界規模で年間20兆円超と試算されるゲイ向け観光産業に力を入れてきた。だが、地元ノンケカップルが昨夏起こしたある事件がもとで、近隣国ゲイたちが台湾から離れている。

 台北の人気クラブで昨年9月、警備員とモメた20代の御曹司カップルが、店の目付け役の非番警官から恫喝され蹴られたのに腹を立て、若者ギャング50人超をクラブに集め、その警官を集団で襲わせ殺してしまったのだ。防犯カメラには、地元暴力団組員や現役軍人らで構成されたギャングを、恋人の女がアゴで使う様子が写っていた。

「あの事件が警察を狂わせた」と30代の地元会社員は言う。聞けば昨年10月末の前回パレードでは、地元警察が関連イベントに軒並み介入し、会場が急きょ変更。またパーティー自体が中止になったりで、客は大混乱したという。同じくゲイイベントが連日開催される年末年始はもっとヒドかった。「元日早々、警察が大挙して会場に押し寄せ、イベントは中止。何百人という客全員がその場で軟禁され、写真を撮られ所持品検査ですよ。で、薬物が出てきた地元ゲイ50人以上が警察に連れていかれた。機関銃を構えてる警官までいて、あんなの外国人が見たらトラウマになるよ」(目撃者)

 有名ゲイクラブ2店舗は、今年3月と7月で閉店した。「これまでで初めて、今回は小さいパーティーが20以上あったけど、やっぱり警察が介入したとこもあって、前ほどの盛り上がりはなかった。今後を占う試金石だったけど、もう台北はダメかも」(日本人のゲイ)

 この年末年始はタイ・バンコクで盛大なゲイ向けパーティーが予定されていて、チケットは軒並みソールドアウト。“ゲイ大移動”は既に始まっている。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
オグリキャップ記念(4月27日・笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。