• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 大惨事寸前だった川崎の工場火災 密集地帯に原子炉2基の恐怖

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大惨事寸前だった川崎の工場火災 密集地帯に原子炉2基の恐怖


 神奈川・川崎市川崎区浮島町の日鉄住金鋼管川崎製造所の敷地内で24日、火災が発生し、隣接する花王の工場に延焼した。

 火災のあった製造所は今年6月に生産ラインを終了し、解体作業が進められていた。冷却塔を取り外すための溶断中にガスバーナーを使っていた作業員が「飛び散った火花が燃え移った」と話していることが24日、県警川崎臨港署への取材で分かった。作業員が消火器で対応したが、火は一気に燃え広がり、上空は黒煙が立ち込めた。鎮火したのは約5時間半後でけが人などは出なかった。

 出火当時に爆発音を聞いたとの目撃情報もある。元東京消防庁消防官で防災アナリストの金子富夫氏は「50年も稼働していた工場で、積もり積もった油やススなどが、燃えたのでしょうが、あの黒煙は尋常ではない。なにか廃油や危険物が貯蔵されていたのではないか」と指摘する。日鉄住金鋼管側は原因不明としながら「建物内に有害物質は保管していなかった」と説明する。

「風向きに助けられた。西風が吹いていたらどんな被害になっていたのか」と声を震わせたのは地元の脱原発関係者だ。延焼した花王は製造所から西南側に位置し、東南側には東芝原子力技術研究所が隣接する。この東芝の敷地内には実験用の原子炉が設置されているのだ。

 同研究所には1960年代に造られた2基の原子炉があり、1基は2003年に廃炉となったが、核燃料廃棄物は保管されたまま。もう1基は原発の新規制基準による審査中で停止となっている。半径100メートルは原子力災害対策重点区域に指定され、厳重な規制が敷かれている。川崎市危機管理室によれば、火災発生後、東芝側と状況確認を徹底したという。

「川崎の原子炉は実験用で出力が小さいとはいえ、放射能はたっぷり含んでいるわけで、事故が起きれば市内どころか首都圏が汚染される。多摩川を挟んですぐ羽田空港があり、飛行機が墜落する可能性もある。3・11以前からこんな密集地に原発施設があるのはおかしいと抗議活動が行われていました」(前出の関係者)

 あわや“原子力事故”となる寸前だったわけだ。地元住民や関係者らが背筋を凍らせたのも無理はなかったわけだ。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
オグリキャップ記念(4月27日・笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。