• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 【高槻市少女殺害】外泊重ねた事情、行方不明者届なぜ遅れた?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【高槻市少女殺害】外泊重ねた事情、行方不明者届なぜ遅れた?
2015年08月20日 06時20分

 ナゾが一つ解けた! 大阪府高槻市の運送会社駐車場で13日午後11時30分ごろ、少女のむごたらしい遺体が発見された事件が急展開を見せた。18日、少女は寝屋川市の中学1年、平田奈津美さん(13)と確認され、直前まで平田さんと行動していたとみられる同級生の星野凌斗くん(12)も行方不明になっていることが判明、当局は必死の捜索を続けている。遺体の身元判明が遅れたのは、平田さんの行方不明者届が事件発生後に出されたからだった。なぜもっと早く届け出なかったのか? 平田さんの周辺からその理由の一端が浮かび上がった。

 大阪府警は、高槻市内で見つかった遺体と平田さんの指紋が一致したと発表した。

 平田さんは同じ中学に通う星野くんと12日午後9時ごろから同10時半ごろまで、近所のコンビニにいたところを複数の人に目撃された。2人の姿はさらに、13日午前1時から午前5時過ぎまで、京阪寝屋川市駅近くの商店街の防犯カメラに写っているが、その後の足取りは分かっていない。

 13日午前6時ごろ、平田さんは友人とLINEでやりとりをしたが、その友人が同日午後6時に送ったLINEは既読がつかなかった。失踪直前、平田さんは別の友人とのLINEで京都に行くと伝えていた。

 平田さんと星野くんの友人Aさんによると、平田さんには、星野くんではない同級生の交際相手がおり、星野くんにも最近まで別の交際相手がいたため、2人の間に恋愛関係はなく、純粋な遊び仲間だったという。

 事件以前も、平田さんが星野くんを誘う形で夜間に遊ぶことはあり、11日夜から12日朝にかけても平田さんは、星野くんとAさんと3人で駅前のベンチで過ごしていた。

 別の同級生によれば、そもそも平田さんや友人たちは以前から、互いの家に泊まり合うことが多かったそうで、夏以降、平田さんは友人と金を出し合い、簡易テントを購入。平田さんの自宅玄関前にテントを張って一夜を明かすこともあった。そのテントは平田さんが失踪時に所持していた。

 平田さんと星野くんの親が、寝屋川署に行方不明者届を出したのは14日の夜。事件に巻き込まれたとみられる13日の午後7時ごろから、ほぼ1日たってからだった。その理由は、平田さんが日常的に、夜は家にいないことが多く、テントを持ち出していたことなどから、泊まりで外出したと家族が思い込んでいたせいなのだろう。

 だが、そこは最も多感な世代の少女だ。夜遊びを繰り返す娘が心配にならないわけがない。一方で、平田さんがそこまで夜間の外出を繰り返していたのはなぜなのか。平田さん一家を知る人物が証言する。

「平田さんのお母さんは、しょっちゅう子供たちを大声で怒鳴り散らしていて、家を飛び出した奈津美さんがさらに『行くんなら早く行きなさい!』と鬼のように怒鳴られて近所の路上で泣いていたこともあります。育て方としては教育の『き』の字もなく、とにかく怒るという感じでした。あそこの家庭は子供たちをどこかへ連れて行ってやるというようなこともなかったので、自宅の敷地内に奈津美さんがテントを広げた時は、腹いせにやったのかなとも思いました」

 近隣住民の話を総合すると、平田さんは4人姉妹の末っ子で、借家の自宅には2つ上の姉と両親と暮らしていた。母親が朝から深夜まで働いて家計を支える一方、父親は家にいることが多かったという。

 母親1人で家計を支えているのには、事情があるに違いない。だが、近所から「仲のいい家族」とは思われていなかったようだ。それよりも、別の意味で一家は目立つ存在だったという。

「お子さんたちが小学生のころは、子供が学校で怒られたり、友人とけんかしたりすると、お母さんがすぐ学校に抗議の電話をするので、先生たちも困っていました。その評判は地域に広まっていたし、自分自身も怒られ続けていた奈津美さんは、年頃の女の子としてもお母さんに対してあまりいい感情を持っておらず、家にいたがらないようでした」(前出の人物)

 自宅に居心地の良さを感じられず、夜も友人たちと遊ぶようになった平田さん。友人によると、不良グループや、年の離れた者との交遊はなかったそうだ。

 今回の事件と平田さんを取り巻く環境がどこかで結びついてしまっていたとすれば、あまりに残念だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【浜名湖ボート】中京スポーツもみじ杯は重野哲之が優勝
ミス東スポ2016・藤井奈々が水着姿で重野哲之を直撃!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【ベッキー】不倫休業からテレビ復帰までの一部始終
ゲス川谷との不倫騒動で休業に追い込まれたベッキー…今後はどうなる?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

ミス東スポ2016グランプリの桜井奈津が悩殺“挟み打ち”秘技で熱闘 !

初代王者はドルさん!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

アトランタ五輪サッカー男子で王国ブラジルを破る“マイアミの奇跡”を演出した前園真聖氏が知られざる秘話を大公開——。(全21回)

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

次回はSG「グランプリ」、GI「クイーンズC」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。