• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 美少女フィギュアに税金投入…国会でオタク論争

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美少女フィギュアに税金投入…国会でオタク論争


木下氏が予算委で使おうとした資料(提供=維新の党)

 うちわ、SMバーの次はオタク論争だ。10月30日に開かれた衆院予算委員会で、維新の党の木下智彦議員(45)がクールジャパン政策について質問する際、資料を使おうとしたら与党の反対で却下された。その資料は「どぎつい」(木下氏)という美少女フィギュアの画像。木下氏は「このフィギュアを販売している会社に、政府が15億円も出資するのはどうなのか」と疑問を呈した。画像を見ると確かにエロいが「クールジャパンを成功させるためには美少女フィギュアも認めるべきだ」と反論する国会議員も出ている。

 問題とされたのは「Tokyo OtakuMode(東京オタクモード)」という会社のホームページ画像だ。日本政府は漫画やアニメなどのコンテンツを海外に売り出そうと、クールジャパン政策を推し進めている。これを受けて、政府と民間で作った「クールジャパン機構」が同社に15億円の出資を決めていた。

 木下氏が「どぎつい」と表現する画像は、美少女キャラが下乳をあらわにしたり、Tバックで四つんばいになったりと、かなり扇情的。同社がネットで販売していたものだった。モロ見えこそないものの「国会にふさわしくない」と与党の反対にあい、予算委でこれらの画像を資料として使用することが却下された。

 木下氏は「クールジャパン機構はこの会社に15億円を出資することを決めたが、政府としてどうなのか」と、エロに税金を使うのはいかがなものかと追及。答弁に立った経産省担当者は「表現の自由と社会通念上の許容範囲を十分踏まえるようにクールジャパン機構に伝えた」と話した。

 木下氏は、10月中旬に内閣委員会と経産委員会でもこの画像を取り上げており、その直後に同社のホームページから該当する美少女フィギュアは消えている。政府からの指導が入ったわけだ。木下氏は「国民は怒りますよ。もっと生活に密着したところにお金を出すべきだ」と出資の再考を求めた。

 宮沢洋一経産相(64)は「拝見して気持ちのいいものではなかった」と話しており、このまま美少女フィギュアへの出資はなくなってしまうのか。維新はマスコミ各社に画像を配布し「そもそも、こんな品のないものを日本の文化だと、海外に広げることを政府が支援することが信じられません」「報道で取り上げていただきたい」とやる気満々になっている。

 この流れに待ったをかけているのが、政界で屈指のフィギュア好きとして知られる、みんなの党の三谷英弘衆院議員(38)だ。

「木下氏が国会で騒いだ後に東京オタクモードはフィギュアの扱いを取り下げてしまった。国がお金を出すと、そういったものを扱ってはいけないという前例になるのはよくない。国がお金を出す時の鉄則はビジネスの中身に口を出さないこと。口を出すことで自由な創作活動や文化の育成ができなくなってしまう」
 出資を受けた東京オタクモードは、決していかがわしい会社ではないとも。

「出資以前から海外で知名度が高く、海外のオタクからかなりアクセスがある超大手サイトです。海外のオタクが求めるものを売っていた」

 萌えキャラグッズからすしをイメージした靴下なども扱っており、美少女フィギュアはあくまで一部だった。

 三谷氏も画像が「どぎつい」ことは認めている。「健全かどうか聞かれれば、健全じゃないですよ。でも、健全じゃないものも認めるべき。健全なものだけとなったら、文化としてつまらないものになってしまう。海外のオタクからニーズがあるのに扱わないとなると、ほかのところへ流れてしまい、ビジネスとしても成立しない」。健全なものだけではクールジャパン政策も頓挫しかねないというわけだ。

 国民生活に密着したものに税金を投入すべきという意見に対してもこう強調した。

「クールジャパンによって日本の製品を買おうとか、日本を訪問しようとか海外の人が思ってくれる。オタクは今でもマイノリティーで、政治家にも偏見を持つ人がいるのかもしれないが、オタクビジネスにはこういった可能性があることを理解してほしい」(三谷氏)

 今後もオタク論争は国会で繰り広げられそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
オグリキャップ記念(4月27日・笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。