• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > “号泣”野々村県議に新疑惑「植毛&整形したな」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“号泣”野々村県議に新疑惑「植毛&整形したな」
2014年07月06日 09時00分

すっかり有名人になった野々村県議。便乗Tシャツも発売されている(インターネットから)

“泣きわめき兵庫県議”野々村竜太郎氏(47)のカラ出張疑惑に対し、県議会の全5会派は5日までに「説明責任を果たさず、会見の醜態は議員としての資質を疑わざるを得ない」などと、同氏に説明を求める申し入れ書を議長に提出。最大会派の自民党などには、議員辞職を求める声もある。そんな中、本紙取材で新疑惑が浮上。とどまることなく増え続けている批判・醜聞と同様、頭髪が不自然に増え、顔も整形したのではとの噂が出始めているのだ。

 政務活動費を使った不自然な日帰り出張を繰り返した野々村氏の釈明会見映像は、“日本の恥”として世界中を駆け巡り、4日にはブラジルのメディアにまで取り上げられた。“笑撃”の会見から3日で世界制覇した。

 4日には、兵庫県議会事務局がこれまでに野々村氏に対し2度、不自然な政務活動費の申請内容について説明を求めたが、同氏は明記義務がないことを盾に応じていなかったことが分かった。議会への批判はとどまらない。「なんで、そんな金の使い方を認めたんだ」という県民からの抗議も殺到し、職員は「今日も他の仕事ができなかった…」と漏らした。

 これだけ迷惑を掛けまくっている本人は雲隠れのまま。3日、県政記者クラブ加盟の報道各社に「会見ですべてを答え、質問が出尽くしたのを確認した。心身ともに疲れ果て、自殺に追い込まれるのではないかと不安で一杯」とし、取材自粛を求める文書を配布したきり、自宅に戻ることもなく、真実は闇の中だ。

 そんな野々村氏に植毛&整形疑惑も出てきた。ある兵庫県職員が本紙に「野々村さんは議員1年目から問題を起こしまくって、この騒動の前からある意味で有名な人だった。野々村さんがどんな人物かを調べようと、ある議員さんが、野々村さんが以前勤めていた川西市役所に出向き、顔写真を持って職員に聞いて回ったのです。でも、写真を見せても、誰一人分からなかった」と証言。

 その理由はあまりにも風貌が変わっていたからだ。「特に毛髪量とフェースライン、目の大きさ。職員のときとは明らかに顔つきが変わってて、県議会では『植毛と整形したな』って話題になったのです。ただ、川西市職員のころから、行く先々で問題ばかり起こす有名人だったので『同一人物だ。間違いない』となったのです」と同職員は打ち明けた。

 そう言われると、ブログなどでの野々村氏の笑顔はどことなく不自然さがあり、入手した高校の卒業アルバム写真もアゴの輪郭がかなり違う。

 また、昨年だけで106回も日帰り出張したと主張された先の城崎温泉も困惑している。地元幼稚園や同温泉がある豊岡市社会福祉課などに聞くと、「報道で初めて知った」「名刺ファイルを見たが野々村議員のものはなかった」「こちらに来たことはない」と口を揃えた。これではカラ出張と言われても仕方あるまい。城崎温泉観光協会の関係者は「こんなことで話題になってもうれしくない」と怒り心頭だった。

 一方、自身の婚活には熱心だったようだ。野々村氏を知る人物によると「子供が欲しかったそうで、何度もお見合いをしていた」という。昨年1月には「神戸出会いサポートセンター」でお見合いした女性と交際すると、自身のツイッターやフェイスブックで明かしていた。このフェイスブックの投稿には「いいね!」が2件あり、同氏は「ありがとうございます」と感謝のコメントをしたが、幸せは長く続かず、すぐに別れていまだ独身。

 大阪維新の会とは無関係の“パクリ政党”「西宮維新の会」をつくる以前は、両親と選挙戦を展開し、母親と一緒に街頭演説したこともあったという。4年前に落選した西宮市長選では、母親とともに喪服のような服装で会見していた。

 カラ出張だけでなく、植毛と整形疑惑まで浮上したからには、再び記者会見の場に出てくるしかない。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】昨年のGP王者・浅井康太がGII初優勝
決勝は昨年のグランプリ王者・浅井康太(32)が吉田敏洋(36)の逃げに乗ってGII初優勝を手にした。

カワいすぎる「高校球界の神スイング」「JK神ノッカー」直撃
北陸地方で注目を集めている福井県立羽水高校の女子マネジャー・古市琴美の顔に迫った!

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は鳴門SG「オーシャンカップ 」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。