• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > “号泣”野々村県議 出るわ出るわ悪評の数々

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“号泣”野々村県議 出るわ出るわ悪評の数々
2014年07月05日 09時00分

取材陣が集まった野々村氏宅

 爆笑モノの号泣&わめき会見をして一躍“嘲笑スター”となった兵庫県の野々村竜太郎県議(47=無所属)への注目は、動画投稿サイト「ユーチューブ」の再生回数が200万回を超え、海外メディアも報じるなど“野々村祭り”状態だ。私生活でも会見同様、エキセントリックな一面を見せていたことも判明。疑惑の兵庫・城崎温泉への106回の日帰り出張については「母親と一緒に行ったのを隠すためだったのでは?」というアンビリバボーな疑惑も浮上した。

 号泣会見で話題の兵庫県議、野々村竜太郎氏が行ったとする約200回の出張について、年200回前後の講演会活動を続けている元「B&B」の島田洋七(64)が「ありえない」と一刀両断した。

 野々村氏は2013年度に兵庫・城崎温泉に106回、同県佐用町に62回、福岡市に16回、東京都に11回と、計195回日帰り出張をしたと主張。訪問先については「公表しないという前提で意見交換をしてもらっている」としているが、カラ出張が疑われている。

 洋七は、自叙伝「佐賀のがばいばあちゃん」がシリーズ累計600万部超の大ベストセラーになり、全国から講演依頼が殺到。これまでに計4000回の講演を経験している。

「多い年で年300回ありました。佐賀県に住んでますから、佐賀から全国を回る。家に帰る暇はありませんでしたよ。野々村さんは日帰りで195回? あり得ませんよ。体がついていかんですわ。僕が言うんだから間違いありませんよ」

 洋七はさすがに年300回はきついと200回以下に減らしたと言う。

「僕の場合は泊まりで移動するから、何とかなりましたが、野々村さんは『朝5時から行って、日帰りを繰り返していた』と言うけど不可能ですよ」

 さらに、野々村氏が領収書をまったく添付していないことにも注目する。

「彼は5回も選挙に出馬していて、領収書がないと言うのもおかしい」

 洋七は1995年に参議院選挙の埼玉選挙区から出馬し、落選した経験からも野々村氏の“うそ”を鋭く指摘。

「僕の場合、落選しましたが、法定得票数を獲得したんで、必要経費は戻ってきました。ポスター代に選挙カーのレンタル代、それにガソリン代まで領収書をもらってました。もらい方を知らないというのはうそをついているということ。それに泣いたらあかん。泣く議員は怖い。議員失格。次々のボロが出んよう、早く辞めた方がいいですよ」と辞職勧告した。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】昨年のGP王者・浅井康太がGII初優勝
決勝は昨年のグランプリ王者・浅井康太(32)が吉田敏洋(36)の逃げに乗ってGII初優勝を手にした。

カワいすぎる「高校球界の神スイング」「JK神ノッカー」直撃
北陸地方で注目を集めている福井県立羽水高校の女子マネジャー・古市琴美の顔に迫った!

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は鳴門SG「オーシャンカップ 」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。