• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 「消えたネッシー」死んだのか移動したのか

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「消えたネッシー」死んだのか移動したのか
2014年02月18日 11時00分

 英国のネス湖にすむとされる世界で最も有名な未確認生物(UMA)のネッシーが、死んだ可能性が浮上した。初目撃から90年、毎月のように目撃されていたネッシーにこの1年半、まったく目撃情報がないというのだ。複数の英国メディアが報じて、騒ぎになっている。

 1925年に初めて目撃されたネッシー。写真に撮られたのは33年で、それ以降、世界的に知られるようになった。以来約90年、コンスタントに目撃・撮影されてきた。

 そのネッシーについて異変を指摘するのが、公認会計士でベテランのネッシー研究家ゲーリー・キャンベル氏だ。

「この18か月間、目撃情報がまったくない。21世紀になってから、目撃数は年々、減っていた。でもゼロというのは25年以降、この90年で初めてのこと。一体どこに行ったのか。ひょっとして死んだのか」

 キャンベル氏は17年前にネッシーを目撃して以降、目撃例や写真と映像を収集・記録し続け、これまで1036もの記録を集め、2012年にも数例集めたという。

 近年は誰もがカメラ付きのスマホや携帯電話を持ち、目撃すればすぐに撮影もしやすい。UFOの写真が年々増えているように、UMAの写真も増えておかしくない。だが、「昨年、寄せられた写真と映像には、ネッシーらしいものは一つもなかった。ちょっとでもネッシーかもと思わせるものさえなかった」と同氏は首をかしげる。

 英大手ブックメーカー、ウイリアムヒルの広報担当ルパート・アダムス氏も「昨年、ネッシー写真の登録は3件あった。でも、単なる波やアヒル、ネス湖じゃない他の湖での写真だった」と現況を明かす。ウイリアムヒルは07年、「ネッシーの存在を証明したら100万ポンド(現レートで約1億7400万円)払います」と発表し、世界中のUMAハンターを熱狂させた。それでも、昨年は的外れな写真が3枚しか送られてこなかったというのだ。

 ネッシーは世界一有名なUMAで、英国では重要な観光資源となっている。世界的旅行雑誌が昨年「2014年に旅行マニアが見たい世界の18の謎」を発表。3位がネッシー、12位がヒマラヤに存在するとされる雪男のようなUMA・イエティで、1位のモアイ像を含めて他はすべてピラミッドなどの建築物だった。

 これを英国の公共放送BBC放送は「ネッシーがイエティに勝った」と喜んで報じたほど。

 UMAに詳しいオカルト作家の山口敏太郎氏は「英国は怪物・UMA伝説を使った町おこし『クリプトツーリズム』を遂行しており、『ネッシー・オブ・ザ・イヤー』はその一環であり、毎年通好みのネッシー写真が寄せられる楽しいイベントである」と指摘する。そのネッシーが死んだとなると、国益の損失でもある。

 ネッシーは一体どうなったのか。「昨年、目撃件数がなくなったのは、いくつかの理由がある。まずは、カメラの性能が上がり、波や流木をネッシーと勘違いしなくなった点が挙げられる」

 山口氏はさらにこう分析した。

「あとは昨夏の英国の異常気象。異常な高温になり、違う場所に行ったのではないか。私の考えによると、ネッシーは日頃は海におり、繁殖などの理由がある場合だけ、度々地下水脈を通じてネス湖に遡上していたと思われる。その遡上がアイルランドなど違うエリアになった可能性はある」

 逆にアイルランドの川や湖では巨大生物の目撃が増えているという。

「イギリスのコーンウォール州沿いの海域、ファルマス湾ではネッシーそっくりな巨大生物が度々目撃されており、ここが海におけるネッシーの拠点だと思える」と山口氏。

 日本のツチノコやカッパなども、本紙に寄せられる目撃例が減ってきたかのように思われる。果たしてカメラの性能アップなのか、気候の変化なのか…。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
厩舎情報徹底取材「ザッツPOG」好評発売中
アンカツ3年連続参戦、2年連続で推奨馬クラシック制覇の虎石「神セレクト」、井崎、マツパク先生と最強布陣でお届けします。

【6・18AKB48選抜総選挙】SKE48の注目メンバーを直撃
東スポWebが14人の熱い思いを届けます!(20日から毎日更新)

アンカツ・本紙舘林&松浪・安田美沙子らが「ダービー」テーマに大討論会!
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツの本音トークバトルを展開した!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎SG「第43回オールスター 」

18〜23歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。