• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 「落選」佐竹氏オタクの聖地で復活誓う

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「落選」佐竹氏オタクの聖地で復活誓う


 参院選で自民党から比例代表で出馬するも、あえなく落選した元K―1ファイターの佐竹雅昭氏(47)。さぞかし傷心かと思いきや、“聖地巡礼”で3年後の国政選挙への再挑戦も見据えて、再起動した。

「落選したから何を言っても言い訳にしかならないが、(引退から10年で)僕の名前や選挙に出ていることを認知してもらうのに時間が足りなかった。(投票所で名前が)あいうえお順に並んでいて、アントニオ猪木さんはやっぱり目立ったよね(笑い)。いろんな意味で猪木さん出馬の影響は大きかった」

 自民党の比例候補者29人中28番目の得票で、K―1、PRIDEに続く“第3のリング”で屈辱的な敗退を喫し、開票後の憔悴しきった姿に再起は絶望的かとみられた。

「選挙後、(東京の)中野へ行ったんです。漫画やフィギュアなど日本が世界に誇れるコンテンツをもっと海外に向けて発信していかないといけないと改めて痛感した」

 アキバに並ぶオタクの聖地・中野を訪問し“原点回帰”した佐竹氏の立ち直りは早かった。

「このままでは終われない。次の選挙は3年後でしょうが、それまではまた“民”に戻って、政治・経済をさらに掘り下げ、勉強したい」。京都で経営者を対象にした人材育成塾「平成武師道の会」を主宰しているが、「武師道・政経塾」(仮称)に拡大し、門戸を広げて草の根で出直しを図るという。

「愚直に諦めずに前に突き進んでいきたい。“リターン・オブ・ザ・ジェダイ”。エピソード6ですね」。最後は映画「スター・ウォーズ」に引っ掛け、今後の巻き返しを誓った。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。