• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 高すぎ選挙執行費に批判 日当4万円もらう公務員も

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高すぎ選挙執行費に批判 日当4万円もらう公務員も


 東京都議選の確定投票率は43・50%で、前回を10・99ポイント下回る過去2番目の低さ。そんな“関心のなさ”があらわになる一方で、選挙執行費が高すぎるのではないかという批判がまたもや起こっている。


 今回の選挙も職員の人件費をはじめ、ポスター掲示板の設置・撤去料から体育館に敷くマットの洗濯代まで多額の費用がかかったとみられる。選挙執行費は各区市町村が選挙後にすべて計算した後に交付されるため、具体的な数字は現段階で明らかではないが、東京都選挙管理委員会によると「約42億円はかかる」という。


「各区市町村によって事情が異なるため、申請される額はバラバラです。例えば、人件費については投票作業に携わる職員とアルバイトを含めて1万2000人が動員されていますが、超過勤務手当になるか、報奨費になるかはその区市町村による。さらに、年齢や地位によっても変わってくるため、一律ではありません。その申請されたものを精査して交付することになります」(担当者)


 だが、地域によっては、その人件費がとんでもなく“おいしい”ものとなっているようだ。


 ある区職員は「年齢などによる基本給で変わりますが、朝7時の投票所の設営準備から深夜0時まで開票作業をすれば、17時間拘束でだいたい4万円も支給されるんですよ。以前より1万円ほど下がりましたが、駆り出された人はみんな喜んでる。ちなみに投票立会人という民間のアルバイトは、朝7時から投票終了の夜8時までで1万円です」と明かす。


 長時間拘束で不正を監視したり、投票の名前を確認するのは大変な作業だろうが、民間アルバイトと比較するともらいすぎだろう。


「たしかに景気が悪く、残業代も出ない会社も多い中、選挙費用がかかりすぎているというご批判を受けるのはやむを得ません。実際、そのような苦情も多いです」(前出の選管担当者)


 都議会議員は年間たった80日間ほどの議会に出席するだけで、議員報酬約1700万円と政務調査費720万円、さらに交通費1日1万円×80がふところに入る。議員たちは選挙執行費にもメスを入れるべきだろう。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
オグリキャップ記念(4月27日・笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。