• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 高齢化進む業界が“若手ハンター急募”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高齢化進む業界が“若手ハンター急募”


 宮城県警石巻署によると、県からのニホンジカ駆除の依頼を受けた地元猟友会のメンバー15人が12日、女川町の山に入った際、メンバーが撃った散弾銃の弾が胸に当たり、岡田武市さん(64)が搬送先の病院で死亡した。同署は業務上過失致死容疑で銃を撃った新妻鉄男容疑者(82)を逮捕した。誤射の可能性が高いとみられている。

 事件を受けてインターネット上では「(猟銃を)爺から取り上げろよ」「80歳にもなって銃なんて…」などの若者の書き込みが目立った。だが、80歳以上のハンターは珍しくない。「80歳を超えた人なんてけっこういますよ。視力も認知症の検査も定期的にしている」と話す同署副署長は「有害鳥獣駆除は誰でもできるわけじゃない。クマやカラスが出たときに駆除する人がいないと困る。銃人口は減ってるし、若者の人気もないしね」と述べる。

 環境省の「年齢別狩猟免状交付状況(2010年度)」によると、約19万人の狩猟免許所有者のうち、12万人以上が60歳以上。20代、30代を合算しても1万人強だ。同省では「鳥獣被害は社会問題。40代以下をターゲットに、新規に猟を始める方を増やさないといけない」(自然環境局・鳥獣保護業務室)と、昨年度から狩猟に興味を持ってもらうことを狙ったイベントを全国で開催中だ。

 猟の魅力は「昔は肉や毛皮を取ることが目的だったが、今は生態系のバランスを取るという社会的意義のある役割を持つ」と同室。おじいさん世代にばかり銃を背負わせてはならないという若い世代で気概のある人材が求められている。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開。“見逃してしまった人のために、競馬ラボのユーチューブ公式チャンネルでダイジェストを配信します!

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。