• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 北朝鮮で国賓待遇の猪木に聞く

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北朝鮮で国賓待遇の猪木に聞く
2012年04月25日 18時00分

 北朝鮮で行われた金日成主席生誕100年祭に出席し、18日に経由先の北京から帰国したIGF総帥・アントニオ猪木(69)が本紙の独占インタビューに応えた。出国時に身柄を拘束されるなど〝スパイ扱い〟された猪木は、帰国時またもや荷物検査を受け、怒り心頭。〝首謀者〟への報復を予告する一方で、「国賓14人の1人」だったという北朝鮮でのVIP待遇の中身を告白。新指導者の金正恩第1書記(29)に日本製の高級腕時計をプレゼントした秘話を公開した。

 ――帰国早々、また税関で止められた。何分くらい調べられたのか

 猪木:10分ぐらい。もっとかな。

 ――また別室に連れていかれたのか?

 猪木:職員が「別室に連れて行きます」って言うから俺が「いい! ここで」って。彼らを責める気はないけど、俺だってアントニオ猪木っていうプライドがある。別にやましいことしてるつもりもない。とにかく開け方が陰湿。ぱっと開けて全部底まで。人の感情を逆撫でするようなね。俺もハラくくって勝負してやる。

 ――黒幕の目星はついているのか

 猪木:税関に指示を出したヤツがいる。

 ――今回は国政レベルで重要な任務も兼ねていたと聞く。野田首相に一度、接見したいという意向も示したが、この仕打ちでは

 猪木:いやいや、俺、政権ひっくり返しちゃうよ。本当に。それだけ大事な役割を自分はしょってやってる。

 ――北朝鮮ではどんな歓迎を受けたのか?

 猪木:いろんな要人が来ていてた。でも(猪木に対して)最大限に気を使っていたと思います。俺が持ってる人脈っていうのは、すぐにトップにつながる。今回、国が招待したのは日本から俺だけなんですよ。あとはほかの国の何人か。国が招待したのはね。

 ――国賓は世界で何人いたのか?

 猪木:14人とか言ってましたよ。

 ――宿泊は?

 猪木:今までは高麗ホテルだったんだけど、今回は羊角島国際ホテルに泊まった。他の国の外交団もだいたい、そこに泊まってましたね。

 ――待遇も違ったか?

 猪木:歓迎ですから。ホテル代とか全部向こうが持ってくれた。食事も一緒に行ったグループはみんな満足しましたね。

 ――15日には親交の深い朝鮮労働党の金永日書記と会談した。永日氏を通じて正恩氏にお土産を渡したがその中身は?

 猪木:時計です。いろんな情報で(正恩氏が)時計が好きだっていうから持っていった。もちろん、日本からは持ち出してない。中国の友人が揃えてくれたんで、何の違反もないです。

 ――正恩氏は少年時代にスイスに留学経験がある。〝時計マニア〟だったとしても納得がいく。ちなみにロレックスを渡したのか?

 猪木:そんなにいい時計じゃない。

 ――正恩氏のこだわりのブランドを知っていたのか?

 猪木:(否定せず)やはり、日本の時計が一番いいだろうと。そんなに安くもないし、高くもない時計ですね。100万? そんなにしない。

 ――北朝鮮から猪木さんにお土産は?

 猪木:ないです。昔はあったんですけどね。正日さんの頃とかは。今回はそれどころじゃなくて(第1書記)就任、(正日総書記の銅像)除幕式…いろんな行事があったから。

 ――正恩氏の実際の評判は?

 猪木:いいですね。「町の声はどうですか?」という部分では、去年はあまり芳しくなかったけど、今年は100%に近いくらい褒めてますね。

 ――滞在中には金永南氏(最高人民会議常任委員会委員長)など要人とも会った。幹部は新体制下で一丸となっている?

 猪木:今は心を一つに経済発展という方向に向けて、なんとか新しい体制でやっていこうということだった。

 ――長距離ミサイルの発射には失敗した

 猪木:がっくり来てるのかなと思ったら、全くそういう意識はないですね。話ができる人の間ではまたやればいいんだっていう感じかな。

 ――改めて日朝外交の課題は?

 猪木:拉致とかいろんな問題があって、まず解決がなければっていうのが日本の立場。ただし世界から見れば、どんどん遅れてしまってるのが正直な話。荷物の検査にしてもそういう子供のいじめっ子みたいなレベルの状況でどうして次の扉が開かれるのか。何べんも言うけど、これを指揮したヤツが分かったら、そいつの選挙区に行ってやる。俺なりの復讐があるじゃん。フッフフ。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】プレミアムGⅠヤングダービー
1号艇の松田大志郎(福岡)が優勝!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

豊かな感性・ガッツのある方を歓迎します。

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はとこなめボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。