• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > iPad miniは転落の第一歩か

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPad miniは転落の第一歩か


 米アップルが2日に最新のタブレット端末iPad mini(アイパッドミニ)を発売したが、かつての新製品発売時の過熱ぶりは影をひそめた。1年前にカリスマ経営者で創業者だったスティーブ・ジョブズ元CEOを失って以来、ささやかれるアップルの崩壊が始まったのか――。

 世界各地で同時発売されたミニと第4世代のiPadは、発売開始直後こそ行列ができたが、すぐに途絶え、恒例となったお祭り騒ぎにはならなかった。「ミニはiPadとiPhone(アイフォーン)の中間の大きさで、軽さは特筆ですが、機能面で目を見張るものはない。第4世代のiPadに至っては前モデルが今年3月に出たばかりで、機能もマイナーチェンジのみ。ユーザーの触手は鈍った」(IT関係者)

 各メーカーがシ烈な争いを繰り広げる7インチタブレット市場に参戦したことが墓穴とも。獄中に身を置くライブドア元社長の堀江貴文受刑者(40)はメルマガで「アップルの迷走が始まった。(7インチは)ジョブズ氏は絶対に出さないというこだわりがあったが、死後(現経営陣が)ほかのメーカーの動向を見て後追いを始めてしまった。つまり他社と同じ土俵に立ってしまった。もうダメかもしれない」と酷評した。

 アップルは時価総額世界一に躍り出て、わが世の春を謳歌しているが、先行きは悲観的な見方が大勢だ。前出の関係者は「ジョブズ氏死去後、iPhoneやiPadを超える画期的な商品は出てなくて、ジョブズ氏の遺産で食いつないでいるともいえる。驚くような新商品を開発できるかがカギですが、勢いはグーグルやアマゾンなどの他社の方にある」と指摘。結局、現経営陣はなにかにつけ、ジョブズ氏の手法と比較され、ケチをつけられている。ジョブズ氏の亡霊に潰されかねない皮肉な状況だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。