• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 人食いバクテリアで30代“突然死”も

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人食いバクテリアで30代“突然死”も


 感染すると高熱が出て手足が壊死し、24時間以内に死に至ることもある病気「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」が急増している。医療関係者の間で“人食いバクテリア”と恐れられ、一部では昨年、患者数が一昨年の1・6倍になったと報じられた。

 

 国立感染症研究所が公開しているデータによると、この病気は1980年代末の米国で最初に症例が報告され、日本では90年代から確認されている。近年は、感染者が100人ほど報告された。ところが、昨年は感染者が前年の1・6倍にあたる198人に上り、今年は9月2日時点で172人が報告されたという。昨年を上回る勢いだ。

 

 男女とも30代から感染者が増加。高齢者の死亡率も高いが、健康にまだまだ不安がなさそうな30代男性でも死亡率が高いというデータもあり、働き盛りで“突然死”することもある。

 

「発熱や筋肉痛、下痢など、風邪の初期症状に似ているが、突然、悪化する。抗生物質の投与が有効という研究結果も出ているので、早期治療が望まれる」(医療関係者)

 

 しかし、発症してしまうと、症状悪化のスピードが速く、手遅れになることも。手足が壊死してしまうと、菌の増殖を防ぐために切断しなければならないケースもある、非常に厄介で怖い病気だ。

 

 菌は「A群溶血性レンサ球菌」として自然界に存在し、主に子供の感染が多かったが、突然変異したという。予防法としては、傷口を消毒する、手洗いやうがいを行うことなど。日頃の用心が一番だ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。