• 文字サイズ

トップ > ノンセクション > 社会 > 麻生元首相(1)「民主のやり方は筋が違う」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

麻生元首相(1)「民主のやり方は筋が違う」


【藤本順一「永田町ワイドショー」:ゲスト・麻生元首相編(1)】
 数々のマニフェスト破りや消費税増税にまっしぐらの野田政権に、あきれや怒りが充満している中、民主党に政権を明け渡した自民党の麻生太郎元首相(71)は何を思っているのか——。2009年の首相退任後、新聞・テレビのメディアでは初となるロング対談が本紙「永田町ワイドショー」藤本順一氏との間で実現した。民主党政権のお粗末さから、おはこのマンガ論やAKB48を引用して菅直人前首相(65)をバッサリと斬る痛快な“麻生節”を久々に炸裂させた。
(2012年2月12日付紙面から)

藤本:1月の施政方針演説で、野田佳彦首相(54)は麻生元首相の3年前の演説を引用し、消費税増税で「(麻生政権と)目指すものは同じだ。協議に応じてほしい」と都合のいい解釈をして、ひんしゅくを買いました。

麻生:私は首相当時、経済対策を行い、景気を良くした上で、医療や福祉等、社会保障費の足りない部分は増税をお願いすると言った。日本経済全治3年と訴えたが、民主党は向こう4年間、消費税論議はせずに予算の組み替えで16兆円以上を捻出できると言っていた。実際には、そんな額は出ない上に、いきなり消費税の話をしている。私が幹事長時代に、民主党には2度話し合いを呼びかけたが、全く応じなかった。それが自分たちの番になったら話をしてくれといっても筋が違う。最初からクリンチみたいな話は、ボクシングとしていかがなものか。

藤本:麻生政権下で行った高速道路の通行料1000円やエコカー減税、家電エコポイントなどの景気対策が、今になって評価されている。鳩山政権も最初は恩恵にあずかっていたが、菅・野田政権では景気・経済対策が打ち出せずに失速する一方です。

麻生:特に、デフレ下で経済を成長させるには、財政再建ではなく財政出動しないといけない。そういう予算を組めばいいが、全く景気対策になっていない。公共事業などで実需を出し、民間が設備投資をし、雇用が生まれ、景気が回復すれば、法人税や所得税も上がる。私の時は事業総額130兆円以上の予算を組み、マスコミからは「金利が上がる」「騒ぎになる」とボロクソに言われたが、そんなことにはならなかった。投資家なり国際マーケットはよく見ていて、安心して国債を購入した。だから金利は全く上がらずに、むしろ下がったんです。財務省は「金利が上がるから大変」と大蔵省の時から言っているが、オオカミ少年も20年も言い続ければ、いい加減、飽きないといけない。ところが、この脅しに乗せられているのが、経済の分からない新聞やテレビの政治部というところなんです。

(※続く)

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。