• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 東海テレビ「藤井四段特番」ゴールデンタイムに放送

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東海テレビ「藤井四段特番」ゴールデンタイムに放送


東海テレビの藤井四段の特番より

“藤井フィーバー”がついにゴールデンタイムのお茶の間に進出だ。東海テレビは19日、将棋の史上最年少プロ棋士・藤井聡太四段(14)を取り上げた特別番組「藤井聡太14才」を23日午後7時から放送すると発表した。番組のナレーションは将棋アマチュア四段の腕前を持つ萩本欽一(76)が務める。

 藤井四段は愛知県瀬戸市出身。昨年9月に第59回奨励会三段リーグ戦で1位となり、14歳2か月で史上最年少のプロ棋士となった。17日には朝日杯将棋オープン戦1次予選で藤岡隼太アマ(19)を下して昨年12月のプロデビューからの公式戦連勝記録を「27」に伸ばし、最多記録の28連勝に王手をかけている。対局にはマスコミが殺到するなど藤井フィーバーは過熱する一方だが、実は無名の小学生時代からこの天才棋士に注目して取材を行っていたのが東海テレビだった。

「3年前、将棋教室に“すごい少年がいる”という情報をつかみ、カメラが入ることになりました。2014年7月のことでした。師匠の杉本昌隆七段と藤井君が感想戦を検討していましたが、バリバリのプロである師匠に藤井君が“ここはこうですよ”とアドバイスしている様子を目の当たりにした時はビックリしました。それ以降も取材を続けていると、とにかくいつも彼には驚かされたので、今後どんなことで驚かせてくれるのか楽しみです」(取材編集に当たった奥田繁氏)。

 それ以来、東海テレビでは夕方のニュース番組で藤井四段の成長ぶりを何度も放送してきた。21日に行われる王将戦一次予選に勝てば最多連勝記録に並ぶこともあって特別番組の放送を決定。通常ならこの時間はフジテレビ制作の「その原因、Xにあり」を放送するのだが、これを差し替えるという異例の措置を行うことになった。

「わたしたちにとって“瀬戸の聡太くん”があっという間に“天才”と絶賛されるプロ棋士へと想像をはるかに上回る早さで快進撃したことは驚きであり、誇りでもあります。わたしたち地元のテレビ局の仕事は“ふるさとの偉人”を世の中に伝えることだと思っています。今、日本中から注目を集める14歳の成長の記録を愛情を持って伝えたいと思います」(伏原健之プロデューサー)。

 連勝記録達成後に特別番組が放送されれば、地元での“藤井くん人気”はさらに過熱していきそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】 小嶋敬二 豪脚発揮で二次予選9Rを制圧
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。