• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 宮本亜門氏 日仏共同制作オペラに「お経と日本の伝統美を織り込んだ」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮本亜門氏 日仏共同制作オペラに「お経と日本の伝統美を織り込んだ」


宮本亜門氏(左)と嘉目真木子

 デビュー30周年を迎えた演出家の宮本亜門氏(59)が19日、都内で日仏共同制作オペラ「金閣寺」(三島由紀夫原作)制作発表会見に出席した。欧州では2013年にオーストリアで公演した「魔笛」以来、2作目のオペラ演出となる。

 宮本氏は「ミュージカル、芝居、オペラとやってきて、ますますオペラの魅力にハマった。二期会と一緒に世界に羽ばたけることを光栄に思っている」とコメントした。

 芸術監督を務めた神奈川芸術劇場のこけら落とし公演として、11年に舞台「金閣寺」を演出した。それ以前から黛敏郎作曲のオペラ版CDを愛聴していたという。

 宮本氏は「お経をコーラス化し、日本の伝統美が織り込んである。そのコーラスの力が前面に出ている。ギリシャ悲劇と同じように、コーラスを効果的に使って、(主人公)溝口の深層心理を広げたい。リサーチで現地を訪れたが、フランスでの期待度は高い。国立ラン歌劇場には面白そうな演出家がたくさんいるので負けられない。応援していただけたらうれしい」と語った。

 同作品は、2700人の声楽家が所属する日本最大のオペラカンパニー「東京二期会」が、仏国立ラン歌劇場と共同制作し、ソプラノ歌手の嘉目真木子が日仏両国の公演に出演する。来年3~4月に国立ラン歌劇場ストラスブールとミュルーズで公演し、19年2月に東京でも公演を行う。
 
 嘉目は「2011年の出会いから、亜門さんとご一緒させていただくのは5回目。留学先がイタリアで、フランスでオペラに触れるのは初めて。楽しみだが不安も抱えており、勉強して埋めたい」と抱負を語った。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】 小嶋敬二 豪脚発揮で二次予選9Rを制圧
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。