• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 愛犬のおかげで助かった!?米国メーン州のビッグフット遭遇体験談!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬のおかげで助かった!?米国メーン州のビッグフット遭遇体験談!


 米国のメーン州にビッグフットが出現したという衝撃的なニュースが未確認生物専門サイトで報じられた。

 2014年2月、米国メーン州に住む男性が、愛犬を自宅周辺で散歩させていると、伝説の未確認生物「ビッグフット」と思しき怪物に遭遇したという。

 散歩中、愛犬がいつもと違う様子で茂みに向かって激しく吠えたてた。犬をなだめていると全身が白い毛で覆われた怪物が出現した。それは伝説のビックフットと呼ばれる存在とそっくりであり、男性とにらみ合いが続いた。

 その怪物は口が大きく、鋭い歯を持っており、にらみあったまま森の奥へ消えていったという。もしかすると、愛犬が威かくしたおかげでビッグフットの害を避ける事ができたのかもしれない。

  生物学においては北米には大型の類人猿はいないということになっている。だが、実は多くの類人猿が米国内にされており、しかも州によっては比較的簡単に猛獣や大型の動物も飼育可能なのである。

 そんな人々のもとから逃げ出した個体が野生化しビッグフットになった可能性は充分にありうる。事実、一部の未確認生物は逃げ出してしまったペットの誤認である可能性も否定できないという。

 果たして、このケースはどのようなものだったのであろうか。

 

(提供=ミステリーニュースステーションATLAS

 

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】 小嶋敬二 豪脚発揮で二次予選9Rを制圧
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。