• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > キムタク主演映画“爆死”過剰露出が裏目か

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キムタク主演映画“爆死”過剰露出が裏目か


映画「帝一の國」に主演している菅田将暉

 元SMAPの木村拓哉(44)が主演する映画「無限の住人」(三池崇史監督)がズッコケた! 興行通信社が2日に発表した4月29~30日の興行収入ランキングで、同映画は約1億8900万円の6位と大コケ。非常に厳しい結果となった。木村は今回の映画のため、テレビ番組に出まくるなど異例のPR大作戦を展開したが、それが裏目に出た格好。関係者の間では「SMAP時代のチーフマネジャーだったI女史を裏切ったツケが回ってきた」とささやかれている。

 29日公開の「無限の住人」は、GWスタートという絶好のタイミングで公開されたが、28日に公開された「ワイルド・スピード ICE BREAK」(3位)、同29日の「帝一の國」(4位)の後塵を拝してしまった。3週目に突入した「映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」(5位)にも負けるとは、さすがに想定外だろう。ちなみに1位は美女と野獣(ディズニー)、2位は「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」(東宝)。映画はオープニング2日間で興収の流れがほぼ決まると言われるだけに、累計でも10億円に届かない可能性が出てきた。

 映画関係者は「『ワイルド――』は地方の入りがすさまじいらしい。『帝一――』も今、勢いのある若手俳優・菅田将暉が主演しているのが強い。さすがの木村さんも動員力が落ちていると言わざるを得ない。スクリーン数も『帝一――』の方が291と『無限――』の331より少ないので言い訳できませんね」と指摘する。

 ネット上では、早くも木村ファンが「三池監督が戦犯」と責任を“なすりつける”始末。木村は異例とも言えるPR作戦を展開したのに、なぜコケてしまったのか。

 実は「そのプロモーションに問題があった」と関係者は口をそろえる。

「今回、木村さんは全国10都市で舞台あいさつのキャンペーンを行ったうえに、テレビ、新聞、雑誌など、メディアに大量に露出しました。これに一般の人が『もう映画まで見たくねえよ』とうんざりしてしまった。さらに『露出する媒体を誤った』とも言われている」(芸能プロ関係者)

 例えばマツコ・デラックス(44)の深夜番組「夜の巷を徘徊する」(テレビ朝日系)に出演したが、深夜番組は映画の動員にはつながりにくいという。また、「徹子の部屋」(テレビ朝日系)では「新しい年になると自分でパンツを買う」など告白したりと、以前では考えられないほどあけすけに語る姿も見られた。

「SMAP育ての親であるI女史だったら、絶対にこんなPRはさせなかった。でもI女史が辞めた今、ジャニーズ事務所はうまくマネジメントができないでいるのでは?」(同)

 大コケの予兆はあった。それが1~3月クールのTBSドラマ「A LIFE」で、平均視聴率は14・55%にとどまった(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。TBSの武田信二社長(64)は会見で「視聴率、タイムシフト、見逃し配信でも高い数字だった。記憶に残る作品になった」と絶賛したが、テレビ関係者は冷ややかだ。

「録画視聴はCMをカットされるため、クライアントが嫌がるんですよ。だから、リアルタイム視聴率でなければ意味がない。木村さんも、もう44歳。かつてのように『主演したら大ヒット』という存在ではなくなってしまった」(テレビ関係者)

 また3日には、木村が「嵐」の二宮和也(33)と来年公開の映画「検察側の罪人」で共演することが報じられたが…。

「解散前は、SMAPと嵐のメンバーが共演することはあり得なかったから、大ニュースではあるが、キムタクの主演映画が公開された週に発表するのは異例。これは『無限の住人』が大コケしたから、『その話題を隠すために二宮との共演を発表したのでは?』とうがった見方まで出ている」(映画関係者)

 昨年は「SMAP解散の元凶」と批判された木村だが、メンバーの中で唯一、ジャニーズ事務所からの独立を考えたI女史に付いていかない選択をしたツケが、ここに来て大きく回ってきたようだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開。“見逃してしまった人のために、競馬ラボのユーチューブ公式チャンネルでダイジェストを配信します!

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北海優駿(6月1日、門別競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。