• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 小嶋陽菜 秋元氏の手紙に涙「君は手がかからないメンバーでした…」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小嶋陽菜 秋元氏の手紙に涙「君は手がかからないメンバーでした…」


AKB劇場で卒業公演を行った小嶋陽菜(中央) (C)AKS

 AKB48の1期生、小嶋陽菜が19日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を開催し、11年あまりのアイドル活動に幕を下ろした。

 この日は29歳の誕生日。公演中に行われた「生誕祭」では、峯岸みなみ(24)が秋元康総合プロデューサー(59)からの手紙を代読。「小嶋陽菜様 君は手がかからないメンバーでした…」。秋元氏の手紙だと気づいた小嶋は、あふれる涙を抑えることができなかった。
 
 秋元氏の手紙全文は以下の通り。

 僕が個性の強い初期メンバーに手を焼いてる時も君はやるべきことをきちんとやった上で、自分の時間をちゃんと作ってました。

 AKBがまだ売れていないころ、代官山の地下にあるレコーディングスタジオで、雑談していた時に突然、君に言われました。「私、意外に歌、うまいんですよ」。君らしい冗談っぽい感じで。手がかからないからって、ほったらかしにされている君のちょっとすねたような抗議でした。確かに君の歌は良かった。僕は忘れていました。すぐに前田敦子とダブルセンターで歌を作りました。「夕陽を見ているか?」

 きっと今までに何度も卒業しようと思ったことでしょう。初期のメンバーが次々に卒業してからは、なおさらだったと思います。何年か前に「話がある」というので、麻布十番のイタリアンレストランで食事をしたことがありました。あの時は君は真剣に卒業のタイミングを相談したかったのに、結局は冗談で終わってしまった。まるで結婚したい人がいるという報告を聞きたくない父親のように、君の卒業はいつもはぐらかしてきたような気がします。

 それでも君はAKB48の将来を考え、後輩たちのことを考え、無理に言い出すことはありませんでした。だから、僕も君に甘え、君が30歳を超えてもAKBにいてくれたらいいなと思っていました。そんな君が卒業するにあたり、ようやく僕は君に言えそうです。「陽菜、もう少しAKBにいたら?」。いや、うそです。もう陽菜に甘えられません。フニャフニャしてて、やる気がないように見えて、手を抜いてるように見えて、でも本当は誰よりも真面目で、責任感があって、AKBを愛し続けた君に感謝します。ありがとう。卒業おめでとう。

 聞き終えた小嶋は「2年前に卒業したら、こんな手紙をもらってなかったと思う。ここまで長くやってきてよかったと思える一番の出来事かもしれない」と感謝。続けて「秋元さんにもし(『辞めないでほしい』と)言われていたら、卒業しなかったかもしれない。言わずにここまで自由にさせてくださった秋元さんの優しさ。これから一人の小嶋陽菜として頑張っていこうと思います」と涙ながらに決意した。

 最後に小嶋はメンバーとファンが見守る中であいさつ。「2005年12月にAKBに入って、歌い続けてきました。これから後輩たちが心配だし、大変なこと、困難なことがあると思います。でも、AKB48にはこの劇場がある。みんな乗り越えていけると思います。私は近くで見守っていきたいと思います。みんな、ゆいちゃん(横山由依)のことを支えてあげてください。11年は本当にずっと楽しかったです。本当にありがとうございました」と頭を下げ、アイドル人生を終えた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。