• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 内紛ラルクアンシエル解散も!hydeとtetsuyaは事務所と断絶状態

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内紛ラルクアンシエル解散も!hydeとtetsuyaは事務所と断絶状態


独立派のhyde(左)とtetsuya

「SMAP」に続く内紛劇が勃発――。日本を代表する4人組ロックバンド「L’Arc~en~Ciel」(ラルクアンシエル)が、25年間所属している芸能事務所「マーヴェリック」から年内に独立する意向であることが、本紙の取材で分かった。ボーカルのhyde(48)らがギャラの未払いなど、問題が頻発する同事務所に強烈な不信感を抱いているためだという。最悪の場合、バンド解散の可能性も急浮上している。

 周知の通り、結成28年だったSMAPは、リーダー・中居正広(44)ら所属のジャニーズ事務所からの独立派と残留派の木村拓哉(44)や中間派の間で分裂し、昨年いっぱいで解散した。今年秋には同事務所から独立するメンバーも出るともみられている。

 国民の関心事となった騒動の余波がくすぶる中、1991年の結成から26年のラルクも事務所から離れる意向であることが分かった。

 人気バンドの内情を探ると、SMAPの解散騒動勃発時をほうふつとさせる“分裂騒動”が起きていた。hydeとリーダーでベースのtetsuya(47)が中居らと同じように独立派、ギターのken(48)は木村と同じように残留派、ドラムのyukihiro(48)は、稲垣吾郎(43)と同じような中間派と分かれているというのだ。

 レコード会社関係者はこう証言する。

「hydeとtetsuyaの2人が事務所と断絶状態のようだ。事務所がメンバーにギャラを支払わなかったり、DVDの制作をめぐるトラブルを起こしたりしているそうで、2人の事務所に対する不信感はピークに達しているらしい」

 下積み時代から現事務所に所属しているラルクは1990年代後半に大ブレーク。「HONEY」などミリオンセラーを連発した。

「実はマネジメント形態が少々複雑なんです。ラルクはバンドとしては四半世紀にわたって現事務所と契約しているが、hydeとtetsuyaの2人は現事務所の“ある問題”に嫌気が差しているようで、それぞれ個人事務所を設立して活動している。4人の見解が合致次第、年内にもバンドとして事務所から独立する見込み」(前出関係者)

 周囲のスタッフたちも事務所を離れることに賛同しているという。

 では、メンバーが憤慨した“ある問題”とは一体何だったのか――。ズバリ、ギャラの未払いトラブルだ。

 それは、ラルクが2006年11月に東京ドームで開催した結成15周年記念コンサートで起きた。この公演は衛星放送WOWOWが独占放送したが、放送権料の分配で紛糾したという。別のレコード会社関係者が声を潜める。

「WOWOWが事務所側に支払った放送権料は600万円ほどだったそうで、それを事務所とメンバーで分配する約束だった。だが事務所側は、そのカネを昨年まで懐に入れたままだったらしい。この事実が発覚し、事務所側は謝罪したようだ」

 DVDの制作トラブルは、15年に大阪で開催されたコンサートをDVD化する過程で発生した。

「事務所側がメンバーの了解を得ないままDVDの制作を進めたそうで、外部スタッフが慌ててストップをかけたと聞く。このトラブルで昨年1月ごろを予定していた発売日が延期され、今年3月1日にようやくリリースされた」(前出関係者)

 ともに一時代を築いた「GLAY」と比べ、ラルクは近年目立った活動がなく、ファンを心配させている。この原因として、前出の事務所の“空回り”と、他のメンバーと足並みが揃わないkenの存在の2点を指摘する関係者は少なくないという。

 現事務所との仕事は、今月8、9日に東京ドームで開催された結成25周年記念コンサートが最後になるもよう。

「ただ独立しても、一つにまとまらなければSMAPのように解散する可能性を秘めている」と前出関係者は衝撃の観測を示している。

 日本を代表するロックバンドは、SMAPと同じ道をたどってしまうのか――。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【瑞峰立山賞争奪戦】富山競輪場で24日開幕! new
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
石川ダービー(6月20日=金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。