• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > ご当地ソングの女王・水森かおりの悩み

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご当地ソングの女王・水森かおりの悩み


新曲を披露した水森

 演歌歌手の水森かおり(43)が4日、東京・荒川区で「第18回 長良グループ 夜桜演歌まつり」に参加し、新曲「早鞆(はやとも)ノ瀬戸」を初披露した。

 同じ所属事務所の山川豊(58)や氷川きよし(39)、田川寿美(41)らが一堂に会するコンサートで“長男格”の山川は「同じグループでも、競争です。いい意味で刺激を受けながらもみんなでがんばっていきたい」と語った。

 氷川が新曲「男の絶唱」でファンを沸かせれば、水森は5月発売の新曲を熱唱。“ご当地ソングの女王”といわれる水森が今年の曲として選んだ場所は山口県下関市の関門海峡だ。

「山口県の歌は何曲かあるけど、シングルは初めて。まだ行ったことはないのですが、関門橋が昭和48(1973)年に開通したと聞いた。私も昭和48年生まれ。勝手にご縁を感じている」という。

 今後は下関にも訪れる予定で「関門橋のようなスケールの大きな歌にしていきたい」と意気込みを語った水森。水森がその土地の曲を歌うことで、地域が活性化されるため、水面下では売り込み合戦も行われている。

「水森が題材として歌ったところは観光客が増えるというのが、ここ数年続いていますからね。ぜひウチで!というのが、ないわけではない」とはあるレコード関係者。

 ただ、地域貢献というだけで曲作りをするわけにもいかない。ある音楽関係者は「場所ありきというのはないですよね。毎回、悩みますけど、どの曲にするかは、歌の出来。今回もかなり多くの中から1曲を選出した。やっぱりファンに響くかどうかが最大のポイントですよね」と選曲にも苦悩の連続だという。

 紅白に14回連続出場しているだけに、当然かもしれないが“女王”にも見えざる苦悩はあるようだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
オグリキャップ記念(4月27日・笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。