• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 道重さゆみ「再生」を後押しした明石家さんまとの秘話

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

道重さゆみ「再生」を後押しした明石家さんまとの秘話


再生の文字を胸に浮かび上がらせた道重

 元「モーニング娘。’14」のリーダーだった道重さゆみ(27)が19日、東京・千代田区のCOTTON CLUBで新感覚のパフォーマンスショー「SAYUMINGLANDOLL(サユミンランドール)~再生~」を行い、2年4か月ぶりに芸能界への本格復帰を果たした。復帰の裏には、道重を応援してきた明石家さんま(61)との秘話もあった。

 ついに道重が“再生”した。

「復帰を考えるようになったきっかけは、自分がこれから何をしたいかを考えた時に『私は歌とダンスがしたい!』と思ったからです」と道重はその思いを明かした。

 ショーはプロジェクションマッピングにレーザー光線を組み合わせ、音と光と映像を融合。そこで道重がダンスや歌唱を繰り広げた。「私が表現したい世界観を表現できるショーが出来上がりました」と“かわいい”を突き詰めたパフォーマンスが堪能できる構成だ。

 復帰に向けて本格的なレッスンを開始したのは昨年8月ごろ。「私はグループを卒業する時に『かわいさのピーク』と言っていたが、そのかわいさは変わっていません!」と今も“かわいいキャラ”は変わっていない。体重やスタイルの変化もないといい「昔の自分を100点とするなら、今は200点です!」と自ら高得点を付けた。

 現在のモー娘に関しては「後輩が育っているから大丈夫だと思って、グループを卒業したけど、思った以上に頑張っているので安心しました」。だが、最近は「自分のことでいっぱいいっぱいで曲もパフォーマンスも見られてないんです」とか。

 卒業後の恋愛については「事務所から『今日から恋愛いいよー!』と言われたわけではないが、自由だと思います。まあ、在籍中から自由な人もいましたけど…」と変わらぬ毒舌で笑いを取った。好きな男性のタイプは「私は一緒に生活するのが苦手なので、あんまり家に帰らない人かな。家庭を顧みない人がいい」。

 無事、復帰を果たしたが、実質的な活動再開は前日の18日、明石家さんまがパーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」への出演だった。

 番組でさんまは「スタッフも慌ただしくて落ち着かない。というのも、話題がありすぎて道重のカムバックが今日になった」と喜び、道重も「初メディアです。2年半ぶりの一発目がヤンタン。さんまさん、(村上)ショージさんとお会いできてうれしかった」と感謝した。貴重な復活一発目がステージでなく、さんまの番組になったのは理由があった。

「この番組は昔からつながりがあり、道重の先輩、後輩がお世話になっている。特にさんまさんがかわいがっていたのが道重だった。道重在籍時代、モー娘の武道館公演にもさんまさんは姿を見せていた。道重の名前が入ったウチワを持って応援していたほどですからね」(在阪テレビ局関係者)

 周囲の目も気にすることなく、さんまが道重を応援する間柄だったのだ。しかも、復帰後の道重はバラエティー番組出演をなるべく控える方針。それを曲げてまで、ヤンタンに出演したのは、世話になったさんまへの感謝の表れだったようだ。

 これからは「アイドルでなく『かわいい』というジャンルでいたい」と道重。

 今後は独自の世界観で、世界に通用するパフォーマンスを追求するというが、再び観客席でさんまが応援するシーンも見られそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】牛山貴広が記念初優勝
牛山貴広が直線差し切って記念初優勝をつかんだ!

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。