• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 演歌男子・三山ひろし“アイドルの聖地”で新曲発売イベントの異色戦略

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

演歌男子・三山ひろし“アイドルの聖地”で新曲発売イベントの異色戦略


ファンの前で得意のけん玉を披露した三山ひろし

 演歌歌手・三山ひろし(36)が13日、東京・文京区のラクーアガーデンで、新曲「男の流儀」の発売イベントを行った。

 新曲で、日本男児の心意気を歌っている三山は「ジャパニーズダンディズムの世界を描いている。『野暮は嫌いだ ぐいと飲め』という部分の歌詞が好きですね」と胸を張った。

 曲の合間には、昨年末の紅白歌合戦で実演した自身考案のけん玉技「三山スパイク」などを合わせたオリジナル新技「男の流儀」を披露。腕前も3段になり「けん玉道に、あせらず、あわてず、あきらめずという精神があるが、演歌道にも通じるものがある。ともに日々精進していきたい」と語った。

 この日の会場は若手のアイドルがイベントで使うことが多く“アイドルの聖地”とも言われている。シングル発売イベントとはいえ演歌歌手が使うことは珍しく、三山も「ここは初めてですが、幅広い層の人に聞いてもらえる場所で歌えるのはすごくうれしい」と笑顔を見せた。

 ただ、CDの売り上げ傾向から見ると、決して場違いでないのが今の三山だ。ある音楽関係者は「今回のシングルは発売日のデイリーチャートが総合で6位と急発進した。演歌は少しずつ売れていくのが多いパターンで、今回の三山のようなケースはアイドルのCDが売れていく傾向に似ている。アイドル的要素も兼ね備えてきた、と言ってもいいでしょう」という。

 もともと“演歌男子”として若手演歌歌手をけん引してきた一人。これまでの固定的なファン層にプラスし、アイドル的なファン層を加えて幅を広げていければ、本人が目指す3年連続紅白出場も十分、射程圏内となりそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。