• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 木から生まれ落ちる鳥「ベルナカ」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木から生まれ落ちる鳥「ベルナカ」


 まだ生物学が発達しておらず、妖怪や未確認生物と実在の生物の判別がつかなかった昔には、現代では考えもつかないような荒唐無稽な特徴を備えた生物の報告例が多数存在していた。現代では、それらが幻獣や妖怪の伝説として語り伝えられている。

 11世紀から17世紀にかけて、欧州で存在が信じられていたのが「ベルナカ」ことフジツボ・ガンである。この鳥は現代でも棲息している鳥のガンに似ているのだが、なんと木から果実のようにして生まれ落ちるといわれているのである。

 ウェールズの聖職者で歴史家のジェラルド・バリはこの鳥が海に投げられたモミの木材から生じるとしており、ひなははじめ木材についた海草のようにくちばしでぶら下がっているが、次第に身の回りは貝殻で覆われ、やがて羽毛が生え揃っていく。

 このひなは海や木材の湿り気から栄養を得て成長し、羽毛が生え揃うと貝殻から飛び出して水の上に降りたり、空へ飛び去っていくのだという。この鳥は海の漂着物からいつの間にか生じてくるものであり、成長した親鳥が卵を木材に潜ませることも、温めてふ化させることもないようだ。

 このように「木から生まれる鳥」の伝説は欧州各地に伝わっていたようで、ドイツの地理学者で「世界地理誌」の著者セバスティアン・ミュンスターはスコットランドの話として「葉が団塊状に凝集したような形状の実をつける木」があると記しており、時がきてこの実が海中に落ちると海鳥となると述べている。

 また、有名な海賊フランシス・ドレークの舟の竜骨にも、かつてこの鳥が生まれ、巣だった跡と見られる貝殻が多数付着していたとする記述も残っている。これらの伝説から察するに、ベルナカは当時よく知られていなかった貝と渡り鳥の特徴から考え出されたものではないかとみられている。

 

(提供=ミステリーニュースステーションATLAS

 

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。