• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > まゆゆ「AKB年内卒業」の布石が“きりたんぽ騒動”呼んだ?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まゆゆ「AKB年内卒業」の布石が“きりたんぽ騒動”呼んだ?


いよいよ卒業のタイミングが近づいてきている渡辺麻友

 AKB48の渡辺麻友(22)が主演する4月スタートのテレビ朝日系連続ドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」(日曜深夜0時40分)に、思わぬ緊急事態だ。秋田県の名物・きりたんぽを男性の下腹部に見立てたタイトルだとして、同県がイメージを損なうとテレ朝に抗議。テレ朝は謝罪し、タイトルを変更することを決定した。放送前から何かとお騒がせになってしまったが、渡辺自身にも衝撃的な情報が浮上。夢である女優の道へ本格的にかじを切るため、年内に卒業を発表するというのだ。

 

 テレ朝は8日、連続ドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」のタイトルを変更すると明らかにした。同局ホームページ(HP)によれば、同ドラマは渡辺演じる主人公が、サイテーな男たちを成敗する内容。主人公は“平成の阿部定”との記述があり、きりたんぽを比喩的に使用し、女性が恋人を殺害して下腹部を切り取った「阿部定事件」(1936年)をイメージしたタイトルにしたようだ。

 

 変更後の新タイトルは未定ながら、テレ朝は「放送前とはいえ、秋田県の皆さまに不快な思いを与えて申し訳ない」とコメントを出し、HPの内容も変更した。

 

 ドラマ放送前にタイトルが変更される異常事態に、主役を務める渡辺のファンからは心配する声も聞かれるが、さらに衝撃的な話も持ち上がっている。

 

「AKB48グループでも屈指の人気を誇る渡辺は、将来の夢に“女優として活躍すること”を掲げている。今も続々と女優業のオファーが届いているのですが、体は一つ。どうしてもスケジュール的にアイドル活動と並行するには時間が足りない状況になっている。26日に23回目の誕生日を迎えますが『年内に卒業発表するのでは?』と関係者の間でささやかれている」(芸能プロ関係者)

 

 2014年のAKB総選挙では念願の1位を奪取し、一昨年3位、昨年2位と渡辺はアイドルとして不動の地位を確立した。

 

 女優としてもこれまで「戦う!書店ガール」(15年4~6月、フジテレビ系)でゴールデン・プライム帯連ドラ初主演を経験済み。今回のドラマは、AKB48グループメンバー40人が各話で主役となった「AKBラブナイト 恋工場」(16年4~9月、テレ朝系)の主演女優バトルで投票1位に輝き、主演権をゲットしたものだ。

 

「卒業を聞かれると、渡辺は『準備はしてないです』『まだ卒業はしません』などと否定はしていますが、これまでスキャンダルとも無縁で、10代のほとんどをAKBにささげてきた渡辺に、むしろ周囲が女優業への専念を勧めているようです。渡辺は真面目で何事にも限界まで頑張ってしまう。女優とアイドルの二足のわらじでは、体調面を心配してのことだとは思いますが」(前同)

 

 成人まで一度も髪を染めたこともない黒髪清純アイドル路線で売っていた渡辺。しかし、昨年から茶髪が話題になるなど少しずつ正統派アイドルからのイメージチェンジを図ってきたという。

 

「今回の主演ドラマの役柄もエキセントリックなヒロイン役で、渡辺がダメな男たちの下腹部を切り取って成敗してしまうというラブコメディー。“平成の阿部定”とあるように、今までなら事務所側からゴーサインが出ない役柄。渡辺の女優としての覚悟も見てとれますね」(前同)

 

 AKB48グループ、乃木坂46、欅坂46などをプロデュースする秋元康氏(58)が企画・原作を務めたことに「秋元氏も渡辺がアイドルから女優へ脱皮できることをイメージして企画・原作を考えたようです」とは前出の芸能プロ関係者。

 

 いよいよ“王道アイドル・まゆゆ”も卒業が視野に入ってきた。

 

【“王道アイドル”心境の変化】

 

 3期生としてAKB48に加入した渡辺は当初から中心メンバーとして活躍してきた。

 

 AKB選抜総選挙は2009年の第1回から“神7”入り。第4回後は48グループトップ3の位置を確立し、2014年の第6回で初めて女王の座に輝いた。

 

 出版関係者は「卒業メンバーはいますが、第1回からずっと“神7”入りしているのは渡辺1人だけ。まさにAKB48に青春のすべてをささげてきたメンバーで、徹底マークした週刊文春も白旗を掲げたほど」と明かす。

 

 ファンから“王道アイドル”と称され、ノースキャンダルを貫いてきたことでも知られるが、成人を迎えてから心境の変化も見られるという。

 

 昨年10月のソロ写真集イベントで、報道陣から卒業について聞かれた渡辺は「頭の片隅にはずっとあって。いつかは卒業する…と。その日に向けて一人でこの世界で生き残るための準備はしなくては、と思ってます」と胸の内を告白。

 

「アイドル“まゆゆ”ではなく、人間“渡辺麻友”を見せられたような、生まれ変わったような気持ち。これを機にいろんな魅力をもっと出して、アイドルとしてだけでなく素の私も好きになってもらいたい」と呼びかけていた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ浜名湖賞】柳沢一が4度目のGⅠ制覇!
柳沢一が2コースからまくりを決めて優勝!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

【サマーナイトフェスティバル】新田祐大が渡辺一成とワンツー決めて“夜王”戴冠
新田祐大が豪快なまくりで制覇。高松宮記念杯に続くビッグレース連続優勝を決めた。


おすすめコンテンツ
金沢スプリントカップ(7月25日=金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

キアヌ演じる伝説の殺し屋が“1分1殺”以上の勢いで大暴れ

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート・プレミアムGIレディースチャンピオンシップ

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。