• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 「少女隊」6曲熱唱 ボクシング世界戦盛り上げる

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「少女隊」6曲熱唱 ボクシング世界戦盛り上げる


左から佐藤まりな、暫定王者になった福原辰弥、西野早耶、湊あむ

 アイドルグループ「少女隊」が26日、プロボクシングWBOミニマム級暫定王座決定戦(熊本・上天草市松島総合センター)で、試合前とメーンイベント前の計2回、ミニライブを行う“快挙”を成し遂げた。計6曲、合わせて30分のステージをこなして試合を盛り上げた。

 そのおかげか、同級2位の福原辰弥(27=本田フィットネス)が、同級1位のモイセス・カジェロス(メキシコ)を2―1の判定で下し、暫定王者の座に就いた。福原は昨春の熊本地震で被災。車中泊生活を経験しながらも、故郷に錦を飾ることを夢見てひたすら練習に打ち込んできたという。

 実は少女隊の西野早耶(17)も熊本で避難所暮らしをした経験を持つ。千葉育ちだが、生まれは祖父母の家がある熊本県。昨年の地震の際は帰省中だったため、いとこらとともに被災し避難所暮らしを強いられた。そのため、熊本を元気づけたいという一心から、ボクシングとアイドルの異色のコラボが実現した。

 西野は「初めての生観戦で迫力に驚いたし、会場の熱気に圧倒された。そして皆様の声援や拍手がとてもうれしかった」とコメント。「不便な避難所生活を通して、普段の生活がどれだけ幸せなのか実感したので、これからも熊本の皆様と手を取り合い、アイドルとしてたくさんの方々に笑顔や元気を届けていきたい」と抱負を述べた。

 少女隊は1980年代に活躍した伝説のアイドルグループの名を受け継ぎ、2015年に結成された。今月3日に新メンバーを加えて再スタートを切ったばかり。世界を股に活躍することを夢見て、積極的に海外展開を図っている。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。