• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > まだまだ続くのか「安倍VS朝日」記者が不適切ツイート謝罪の背景

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ続くのか「安倍VS朝日」記者が不適切ツイート謝罪の背景


 朝日新聞の神田大介テヘラン支局長が10日(日本時間11日)に日米首脳会談に臨んだ安倍晋三首相(62)についてツイッターで「大丈夫かな…またおなか痛くなっちゃうのでは」と持病をやゆするような書き込みをして、削除、謝罪に追い込まれた。

 安倍首相は難病に指定される潰瘍性大腸炎で第1次政権を退陣しているが、その後、特効薬が開発されたことで回復している。ネット上では、心ない神田支局長のつぶやきに批判が殺到した。

 とはいえ、ここまで炎上したのには伏線があった。安倍首相と朝日新聞は長年にわたって、対立しているが、産経新聞が11日付で昨年11月に安倍首相とトランプ氏(70)が初会談した際「あなたと私には共通点がある。あなたはニューヨーク・タイムズに徹底的に叩かれた。私もNYTと提携している朝日新聞に徹底的に叩かれたが、私は勝った」とやりとりがあったと伝えていた。

 永田町関係者は「7日の衆院予算委員会でも安倍首相は朝日の吉田調書報道(東電福島原発の吉田昌郎元所長の命令に所員が違反した等)の誤報を引き合いに出し、非難したように朝日が心底嫌い。そんなタイミングで神田氏が非常識にも病気の話を持ち出した。いくら朝日新聞の社是が安倍政権打倒としても許されるものではない」と指摘する。

 この神田支局長は過去にもツイッターでたびたび舌禍騒動を起こしている。「朝日はツイッター使用に寛容で、神田氏も“ネット記者”のはしりを自称している。社会畑を歩んだ後、4年前にテヘラン支局に異動したが、現地から日本と変わらぬ頻度でツイートしていて、熟考せずに即反応している節もあるから今回みたいなことをやらかす」(メディア関係者)

 神田支局長は「私は何事も是々非々でみるようにしています。もちろん安倍首相を批判するツイートもしますが、『アンチ安倍』と言われるのは心外です」と釈明したが、後の祭り。

 朝日新聞広報部は「極めて不適切なツイートと受け止めている。本人も謝罪し、削除している」と説明している。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
オグリキャップ記念(4月27日・笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。