• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 松ちゃん「伊代ちゃんと亮はSNSをやめたほうがいい」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松ちゃん「伊代ちゃんと亮はSNSをやめたほうがいい」


書類送検された松本伊代

 タレントのヒロミ(51)が12日、フジテレビ系「ワイドナショー」(午前10時)に出演。妻のタレント・松本伊代(51)が京都市内のJR山陽線線路内に無許可で立ち入ったとして書類送検されたことについて謝罪した。

 ヒロミは番組の冒頭「(松本の)夫というか所属タレントでもある。本当にいろんな方にご迷惑をかけて申し訳ないです」と謝罪した。松本からブログにアップした写真が炎上していることを聞き、ブログを確認。「これはダメです。すぐにやめなさい」と該当ブログを削除し、謝罪文を掲載したという。その後、京都府警右京署から呼び出しを受けた。1月下旬に受けた聴取は「午前10時から午後4〜5時まで」(ヒロミ)の約6時間ほどに及んだと説明した。続けて「僕も(松本に)きつく言ったし本人も反省している。所属事務所の代表ということで最終的な責任は僕にある。今はどういう結果(処分)が出るか待っている状態」と説明。写真について「ブログに上げていたぐらいなので、本人は悪意があったのではなく、分かっていなかった。でも、このご時世なのでダメなものはダメ」と話した。

 ダウンタウンの松本人志(53)は「かわいそう」と同情しつつ「伊代ちゃんと(ツイッター誤爆騒動のロンドンブーツの)亮はSNSをやめたほうがいい」とコメント。さらに「言葉は悪いけど、少し見せしめ的な部分はあったのかなと思う」の意見に、ヒロミは「迷惑をかけたのは事実で、こういうのはダメなんだと世間の方も分かったと思う」と神妙に話した。

 松本と早見優(50)は1月13日、読売テレビのローカル番組のロケの空き時間に同線路内に侵入。そこでポーズを取った写真を松本が14日にブログに掲載し「その瞬間踏切が鳴り、慌てて逃げる2人」「線路に出てはいけませんな」と軽いノリでコメントしたが、「禁止と知らないのか」「あまりに危険」などと批判が殺到。10日にブログで謝罪。2人は1月下旬に京都府警右京署から事情を聴かれ、10日に鉄道営業法違反容疑で書類送検された。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【瑞峰立山賞争奪戦】富山競輪場で24日開幕! new
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
石川ダービー(6月20日=金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。