• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 「キムタク落第」!TBS社外秘情報キャッチ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「キムタク落第」!TBS社外秘情報キャッチ


TBSの社屋

 SMAP解散後、初めて木村拓哉(44)が主演しているドラマ「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)の衝撃情報をキャッチした!! 29日の第3話の視聴率が13・9%にとどまり、第2話の14・7%から0・8ポイントも下げた同ドラマ。TBSテレビの武田信二社長(64)は及第点を15%に設定しており、現時点でのキムタクは“落第点”であることが本紙の取材で分かった。「制作費1話1億円」と言われる同ドラマが放送3回目で「最低記録」を更新。巨額制作費は無駄遣いに終わる!?

 

 莫大な制作費、脇を固める主役級の豪華キャスト、SMAP解散直後という話題性…。これほどのお膳立てにもかかわらず、ふたを開けてみれば、初回14・2%(15日)、第2話14・7%(22日)と前評判ほど視聴率は高くなかった。さらに30日に明らかになった第3話は、何と13・9%にダウンしたのだ。

 

 この数字の評価は分かれる。「テレビ自体を見なくなった昨今ではよく取っている方」と擁護する意見もあれば、「それを割り引いても低いのでは?」と疑問視する向きも。それほど数字が微妙すぎた。そこで気になるのは、制作した当のTBSはどう判断しているのか、という点だ。本来は社外秘となっている内部情報をキャッチした。

 

「ダメです(笑い)。実は武田社長が設定した及第点は15%なんですよ。そもそも目標は、20%超え。一部では総合視聴率(録画して見る視聴者も含めたもの)で20%を超えたと報じられたけど、日曜午後9時はうちの看板枠。この視聴率が許されるはずがない」(TBS関係者)

 

 つまりTBSとしては、現段階では“落第”という認識なのだ。同関係者いわく、今クールのドラマで武田社長が最も心配していたのがこのドラマだったという。理由はSMAP解散騒動だ。

 

 メンバーが独立を画策した際、木村だけジャニーズ残留を表明したため“裏切り者”のように見られてしまった。それだけに武田社長は「木村さんは今、悪者みたいになっていて、イメージが良くないんだよな」と気をもんでいたという。

 

「ただ社長はキムタクのドラマが大好きなので、信頼はまだ厚い。特にお気に入りのドラマが『Beautiful Life』(2000年)。今回と同じ1~3月クールで主題歌も同じB’z。タイトルに『Life』が付くなど共通点が多いあのドラマは、最終回で41・3%を記録した。今回はもちろんそこまで期待していないが、これから20%に向けてジワジワ上げていけばいいと思っているでしょう」(同)

 

 視聴率アップのため、現場スタッフは涙ぐましい努力を続けている。第2話で木村演じる外科医の沖田一光が実家のすし店に寝泊まりするシーンがあるが、父・一心(田中泯)が用意した朝食に沖田が気づいた際、居間の神棚に目を凝らすと何とお札に「香取神社」の文字があるのだ。

 

 テレビ誌関係者は「SMAP解散騒動で、キムタクに最も反発していたのが香取慎吾と言われた。それを神棚に置くなんて(苦笑)。偶然とは思えないので、少しでも話題にしてほしいんでしょう。あるいはスタッフの中にSMAPファンがいて、仲良くしてほしいというメッセージなのかも。おそらくキムタクは気づいていないと思われますが…」と語る。

 

 だが現状はなかなか厳しい。このほど視聴者からクレームが来て、番組宣伝に新たなNG事項が設けられてしまったからだ。

 

「番宣をバンバン流したところ『手術シーンが気持ち悪い』というクレームが来たんです。慌てた上層部から『つらい思いをした人が思い起こす可能性もあるので、手術シーンをあまり使うな』とお達しが来た。一番おカネがかかっているシーンなので苦しいところです」(別のTBS関係者)

 

 ネット上で「キムタクの手術シーンが凄すぎ」などと話題になっているように、リアルな手術場面はドラマの目玉部分。木村ら出演者は実際の手術を見学しているが、その迫真シーンに“物言い”がつけられた格好だ。

 

 本紙で既報したが、ジャニーズ事務所からは「番組宣伝に『心機一転の』『元SMAP』などの文言をつけるな」とのお達しが来ているという。そんながんじがらめの制約の中、視聴率が回復する余地はあるのだろうか?

 

(視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開。“見逃してしまった人のために、競馬ラボのユーチューブ公式チャンネルでダイジェストを配信します!

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北海優駿(6月1日、門別競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。