• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > “対ジャニーズ”の布陣整った テレ朝味方に中居独立へ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“対ジャニーズ”の布陣整った テレ朝味方に中居独立へ


テレ朝をバックにつけ万全の構えだ

 独立に向けていよいよ始動! 元SMAPのリーダー・中居正広(44)の冠バラエティー番組「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系、火曜午後11時15分)が4月期の番組改編で、月曜午後8時枠のゴールデンタイムに“昇格”することが分かった。舞台裏では、芸能界から身を引いたはずのSMAP担当だった元チーフマネジャーのI女史(58)が猛プッシュしたとの情報が駆け巡っている。この改編で見えてくるのは、中居らジャニーズ事務所からの“独立組”のバックアップにテレ朝がついたということ。事務所に“対抗”する態勢が整い、ついに独立に向け動きだした。

 中居は今月中旬に気管支炎と肺炎のため、約1週間、極秘入院していたことが判明。「中居――」の24日、31日放送分の収録を欠席したものの、すでに退院、仕事復帰している。

 その「中居――」が今春の番組改編で、月曜午後8時枠のゴールデンタイムに進出することが明らかになった。SMAPの解散余波で露出激減を危ぶまれるも、むしろ逆。今春からゴールデンタイムの担当番組が1本増の3本になった。

 今回の決定に中居は「1クールで終わらないようにがんばります」と余裕のコメントをしているが、快進撃の背景にはI女史の“神通力”がささやかれている。芸能プロ関係者の証言。

「今でもIさんは番組スタッフとひそかに連絡を取っているようだ。テレビ界における彼女の力はいまだ衰えておらず、グループ解散の責任を痛感しているIさんは、中居の番組をゴールデンタイムに昇格させるよう猛プッシュしたと聞く」

 かたや、ライバル局の日本テレビでも似たような番組改編があった。

「嵐」の日テレ系冠バラエティー番組「嵐にしやがれ」が今春の改編で、現在の土曜午後10時枠を土曜午後9時枠に前倒しすることが発表された。

「これはジャニーズの進言だとされている」と制作会社スタッフ。安定して高視聴率を取っている「天才!志村どうぶつ園」(土曜午後7時)、「世界一受けたい授業」(土曜午後7時56分)の恩恵にちゃっかり乗っかって「嵐――」の視聴率を回復させるための枠移動というのが、テレビ業界の共通認識だ。

「SMAPなきジャニーズとしては、嵐は看板グループ。冠番組の『嵐――』でこれ以上、コケるわけにはいかないから」(前出スタッフ)

 ジャニーズはこれまで芸能界で“巨大帝国”を築いてきたが、一連のSMAP解散騒動でその屋台骨が揺らぎ始めている。さらに“女帝”ことメリー喜多川副社長(90)と、木村拓哉(44)を除く、中居ら元SMAP4人の間に深いミゾが発生。4人はジャニーズを退社してI女史と合流するとみられ、そのXデーについて発売中の週刊女性は6月、女性セブンは急転直下の今月末の可能性を指摘している。

 この勢いであれば、独立組・I女史対ジャニーズの争いが急加速する可能性も浮上。“開戦”の火ぶたが切られる前に、I女史側はテレ朝を取り込み、ジャニーズ側は日テレを巻き込んだというわけだ。

「解散後、初の改編で、中居の深夜番組をゴールデンに抜てきしたテレ朝の決断は見逃せない。“中居を推していく”と宣言したようなもの」(前出芸能プロ関係者)

 25日には中居が笑福亭鶴瓶(65)と司会を務める日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」(水曜午後9時)が、4月からなぜか激戦区の火曜午後9時に移動することが発表された。他局の編成が変わらなければ裏番組には「マツコの知らない世界」(TBS系)、「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)、フジテレビのドラマと激突することになる。なんともキナくさい動きだ。

 中居はもともと冠バラエティー番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜午後8時57分)を放送するTBSと関係が深い。「つまり中居はTBSに加えて、テレ朝の取り込みにも成功したことになる」(同)

 独立組・I女史対ジャニーズは、番組編成を舞台にした“場外戦”に発展しそうな気配がムンムン漂っている。

 国民的関心事となった昨年のグループ解散騒動で、ただ一人、好感度を上げた中居。テレ朝を“相棒”にして、独立へ動き始めた元SMAPリーダーの方が、ジリ貧の“巨大帝国”より勢いがあるともいえそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。