• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 元AKB山本亜依 初舞台初主演公演で本格女優へ期待の声

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元AKB山本亜依 初舞台初主演公演で本格女優へ期待の声


初の主演舞台で熱演する山本亜依

 元AKB48の山本亜依(21)が主演する舞台「真説・まなつの銀河に雪のふるほし」(11~15日、全8公演)の初日公演が11日、東京・品川の六行会ホールで行われた。

 物語は、今から10万年後の地球が舞台。環境の悪化で世界が水没していく中、クローンや機械人間たちと力を合わせ、少女たちがロケットで地球を脱出するというSF作品だ。2012年に初演され、好評を得て今回の続編となった。

 昨年5月にAKBグループを卒業した山本にとって、今回の公演は初舞台にして、いきなりの初主演となる。

「今の事務所に9月から所属して、いきなり主演なのでビックリでした。もともと女優を目指して卒業したので、“ここは頑張らないと!”と思いました」

 そうは言っても、スケジュールは相当タイトだった。顔合わせがあったのは12月の上旬。それから連日、稽古の雨アラレだった。30日から1月3日まではお正月休みだったが、山本は「おせち料理の横に常に台本を置いて覚えていました。稽古をしている夢まで見るほど。セリフを寝言で言って起きたこともありました」と苦笑する。

 それでも業界関係者は全く心配していない。

「彼女はAKB時代からとっても努力家。『チーム8のセクシー担当です!』と言うなど、自分をどうキャラづけしていくかよく考えている。明るくて天真らんまんな性格なので、他のメンバーからも慕われていました」(芸能プロ関係者)

 公演を控える山本のもとには、メンバーから応援メッセージがたくさん届いているという。

「少女たちが力を合わせて一つのことを成し遂げるという物語は、まさにAKBでやってきたこと。これまでの経験が生きることでしょう」(同)

 すでに次の舞台の仕事も決まっているとか。今回の公演を手始めに、本格派の女優として成長していきそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。