• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > エスパー伊東「体力限界」で芸能界引退へ 芸術家に転身

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エスパー伊東「体力限界」で芸能界引退へ 芸術家に転身


芸術家に転身するエスパー伊東

 さらば、芸能界! ハイ〜! 高能力芸人として一世を風靡したエスパー伊東(本名・伊東万寿男=56)が、芸能界を引退し芸術家に転身することが本紙の取材で分かった。エレクトリカルパレードのテーマ曲に乗ってボストンバッグの中から登場し、黒タイツ一丁のまま「爆裂鼻手袋」「ラケットくぐり」「高速電話帳破り」などの“脱力系超人芸”の数々を披露。営業本数でトップレベルを誇る売れっ子の突然の決断に新年早々、お笑い界に激震が走った。

【ドクターストップ】「長年、ネタ道具一式が詰まった重さ20キロのバッグを一人で抱えて、毎日のように営業で全国を走り回ってきた。最近、重さに耐えられず転ぶことが多くなり、全身が重さの影響でゆがんできた。昨秋には疲労の蓄積で、朝起きたら肋骨が3本自然骨折していた。このままではいずれ車いす生活になると医者から警告された」

 肩へのダメージから首は曲がり、股関節を痛めて右足を引いている。背筋力200キロの怪力を武器に、プロレスのリングにも上がるなど“アスリート系芸人”として活躍してきたが、その面影はどこにもない。

「ダメージが蓄積して体が弱っている。首、肩、腰、股関節、ヒザ、足首が全部悪い。もうラケットくぐりもできない。所属事務所からは『根性を出せ』とハッパをかけられたが、そういう問題ではない。誰にでもこういう日は来るので仕方ない」

 体力の限界と戦いながら、一人で悩んできたのだろう。全てを諦めた“高速の奇行子”の表情は晴れやかだった。「ずっと人間の限界を見せることに誇りを持ってきた。それが一般人より能力が劣るようになるとは…。そんな質の低い芸は見せられない。それに営業先で幸せの門出を迎えるお客さんに、苦痛な顔を見せるなどもってのほか。醜態をさらしたくないので、ここらが潮時だと思う」

【鶴太郎を超える】今後は当分の間、これまで受けた仕事をこなしつつ治療に専念する。「いま受けている仕事を片づけたら、以後の営業は基本的に受けない。ただ、体調などと相談して、どうしてもという話があれば、近場だけは引き受けるかも」という。

 あまり知られていないが、エスパーは学生のころから絵画コンクールで入選するなど才能を発揮し、漫画家のアシスタントやアニメーター、図鑑の挿絵を担当していたことがある。芸能界入り後も漫画の連載や、占い本の執筆などを手掛けてきた。

「アクション・ペインティングのジャクソン・ポロックのような、誰もやったことがない世界を切り開き、新風を吹かせたい。絵を描いてきた時間は、大先輩の片岡鶴太郎さん(62)やジミーちゃん(大西=53)より長い。2人を超える自信はある」。現在、アイデアを練っており、いずれ個展を開くという。

【イトーの日に転身】1988年に「朝まで生テレビ」(テレビ朝日)に“超能力者”として登場して以降、超常現象番組に出演していたが、フジテレビのスタッフに「エスパー伊東」と命名されてバラエティーに進出。「テレビに出て有名になりたい」という夢をかなえた。今後は再び、芸能界入り以前から携わっていた芸術の道を志す。1月10日の“イトーの日”が“第2の人生”のスタートだ。

 全国の披露宴で幸せのお手伝いを重ねて年収ウン千万円を稼ぎ出す。一方で故勝新太郎さん、故藤山寛美さん、故横山やすしさんの豪放磊落な生き方に憧れ、ホームレスに万札の“幸せのおすそ分け”を続けてきたおかげで、現在も未婚のまま借金生活を送っている。

 有栖川宮詐欺事件や、地元のヤンキーに恐喝されるなど、お人よしのせいでつらい目にも遭ってきた。それでもエスパーは前を向き「時間はかかるだろうが、きっといつかアートに転身してよかったといわれる日が来るはず」と笑みを浮かべた。

<所属事務所の話>本人が体調不良で「辞める」と言っているのは事実。以前から酒癖が悪い上、最近は酒に弱くなった。神経に問題があるのか、酒を飲んでいないのに酔っているような雰囲気があり、10メートル歩くのに1分かかることもある。所属していた春一番さん(2014年に肝硬変で死去)のこともあるので、精密検査を受けさせたいが、なかなかOKしない。半年先まで仕事が決まっており、その分はこなす。以後は未定。本人がアートをやりたいと言っているのは承知している。家庭など失うものがないのでヤケになっている印象があり、心配している。

☆えすぱー・いとう=1960年12月26日生まれの56歳。長年、年齢を非公表にしてきたが、2014年の恐喝事件で実年齢がバレた。幼少時より絵画の才能を発揮。超能力に傾倒し、数々のテレビ番組に素人として出演。1991年、フジテレビの「27時間テレビ」でエスパー伊東と名づけられたのを機にバラエティーに進出。「投稿!特ホウ王国」(日本テレビ系)、「めちゃ×2 イケてるッ!」(フジテレビ系)で活躍。近年は結婚式の余興で全国を回り“営業王”として君臨していた。山川恵里佳、小倉優子ら“アニメ声のロリ顔”が好みで、本紙を通じて求愛したがことごとく振られ、いまだに独身を通している。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。