• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > キムタクVS草なぎ憎悪再燃 主演ドラマ対決の裏に因縁過去

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キムタクVS草なぎ憎悪再燃 主演ドラマ対決の裏に因縁過去


 大みそかに解散、元日からそれぞれの道を歩み始めた元SMAPの5人が5日、ジャニーズの公式サイトでファンへの感謝のメッセージを発表した。一方、今月スタートする木村拓哉(44)と草なぎ剛(42)の主演ドラマ対決に注目が集まっている。ジャニーズ事務所関係者によると、2人の間には過去に主演ドラマをめぐって、とんでもない因縁があったという。

 5人のメッセージは、中居正広(44)が「お世話になりました…だね。“さよなら”ですね…。それじゃまたっ!だね…。」、木村が「みんなが居てくれたから、求めて、待ってくれてたから、やって来られた気がします。これからも、宜しくお願いします。」。

 稲垣吾郎(43)は「今までSMAPを支え大切に想って下さり本当にありがとうございました。僕にとって今までもこれからも一番大切なものは、皆様です。感謝を込めて」、草なぎは「今まで応援ありがとうございました。ツマラナイ時も、楽しい時も、皆さんと一緒です。これからも、よろしくお願いします。」、香取慎吾(39)が「SMAPを応援してくれた皆様をSMAPを愛してますありがとう」だった。

 だが、ラジオ番組は“事務所派”木村以外4人はタイトル名から「SMAP」を外され“キムタクびいき”が露呈。木村と長年険悪といわれてきた中居に加え、昨年は香取の“キムタク嫌い”も表面化。これが解散に追い打ちをかけた。

「何かと中居の名前が出て、仲間内では同情されていたが、木村と仲が良くないのはむしろ草なぎ」と明かすジャニーズ関係者はこう続ける。

「過去に草なぎ主役でいくはずだったドラマが、木村に取られたことがあった。木村が『あいつ(草なぎ)にはそんなこと(主役なんて)できね~から』とメリー(喜多川副社長)さんに言ったのがきっかけ。それで草なぎは深夜バラエティーに回された。主役を奪った木村のドラマは結果的に視聴率もよかったが、もともと高視聴率が望めると分かっていた企画(笑い)。あれからだよ、2人が仲悪くなったのは」

 そのドラマとは、木村が中山美穂(46)と共演した1998年の「眠れる森」(フジテレビ系)。時同じく同年秋、深夜枠で草なぎがMCのバラエティー番組「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)が始まった。

 当時、木村主演ドラマは高視聴率を連発。ブームに陰りが見え始めたのは2009年の「MR.BRAIN」(TBS系)あたりからで、続く翌10年の「月の恋人~Moon Lovers~」(フジ系)では視聴率が20%を割った。それでも木村はその後もTBS、フジ、テレ朝のドラマで主役に起用され続けた。

 草なぎは10年11月、5夜連続放送されたTBS開局60周年・終戦65年記念ドラマ「99年の愛~JAPANESE AMERICANS~」でも主演したが、実は撮影中、事故を起こしていた。

「海外でのロケ中、草なぎさんが車を運転する場面で、なぜか車が後進してしまい、後ろにいた撮影スタッフをひいてしまったんです。スタッフは救急車で病院へ運ばれ、全治数か月の骨折という重傷を負いました。ところが監督は翌日、役者とスタッフを集めて『事故なんてありませんでした』と。我々はやんわり口止めされました」(スタッフ)

 草なぎは09年4月、泥酔し公園で全裸になり、現行犯逮捕されたが、事件は「99年の愛」撮影開始直前だった。草なぎを主役に指名した人気脚本家・橋田壽賀子氏(91)は事件を受け、TBS側から主役交代を打診されたが「草なぎ君でいい」と突っぱねたと明かしている。

 15日スタートの木村主演ドラマ「A LIFE~愛しき人~」は、草なぎが起用されなくなったTBS制作。一方、10日から始まる草なぎ主演ドラマ「嘘の戦争」(フジ系)は「銭の戦争」(15年1月クール)以来の“草なぎ剛・復讐シリーズ”第2弾だ。草なぎは宿敵・キムタクに“復讐”できるか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
オグリキャップ記念(4月27日・笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。