• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 「スマスマ」後番組なぜ未発表 月9のトラブルが影響?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「スマスマ」後番組なぜ未発表 月9のトラブルが影響?


月9ドラマを急きょ降板した竹野内豊

 バラエティー番組「SMAP×SMAP(スマスマ)」(フジテレビ系、月曜午後10時)の“ラス前”19日放送分の平均視聴率が、16・3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)という高い数字を記録した。あとは26日の最終回を残すのみとなったが、そんな時期になっても、いまだ後継番組が発表されていない。これには「スマスマ」の前に放送される月9ドラマのトラブルが影響しているという。どういうことか?

 

 19日の「スマスマ」ではゲストにタモリを招いて、看板コーナー「ビストロSMAP」の最後の放送が行われた。親交の深いタモリに対し、メンバーは「タモさんに食べさせたい料理」を振る舞い、終始和やかムードで放送は進んだ。

 

 最後の「ビストロ――」で同日の放送は高視聴率で終えたが、注目は約5時間の長時間特番となる26日の最終回だ。総集編としてほとんどの時間、「スマスマ」の過去の映像が流されることになるが、番組サイドはギリギリまで「5人揃っての生放送」を実現するべく交渉を続けるという。

 

 このように「スマスマ」は、すでにクライマックスへ向けカウントダウンが進んでいる。なのになぜか後継番組の発表はまだない。

 

 ちなみに後継番組は、本紙が10月20日発行の紙面で既報した通り、「フットボールアワー」後藤輝基とフリーアナの田中みな実がMCを担当する「世間のイメージとズレてるのは誰だ!? ズレ↓オチ」に決定している。

 

 この番組は特番として過去に3回放送されており、それをレギュラー化するもの。3回の特番では「関ジャニ∞」の横山裕もMCとして出演していたが、レギュラー化にあたり横山が出演しなくなることも本紙で報じている。フジテレビ関係者は「タイトルは少し変更するかもしれないけど、基本的には過去の特番で放送された内容と変わらない。もちろん準備は着々と進んでいるが、なかなか発表されないのは、月9ドラマの影響なんです」と明かす。

 

 月曜9時枠は“月9ドラマ”と呼ばれ、フジにとっては大看板のドラマ枠。約20年にわたって月曜日は、「月9→スマスマ」という流れで放送されてきた。それが来年からは「月9→ズレオチ」となるわけだが、「1月スタートの月9が過去に例がないほど難航している。その影響を受けて『ズレオチ』も発表できないんです」(同)。

 

 1月スタートの月9ドラマは西内まりや主演で1月23日にスタートする「突然ですが、明日結婚します」となることが先日、ようやく決まった。だがこれは急きょ決まったもので、最初は竹野内豊が主演すると決定していた。

 

「ところが『脚本が気に入らない』という理由で11月末に竹野内が降板してしまった。しかも『竹野内が降りるのなら自分も』と瑛太も一緒に降りてしまった。これでフジは大混乱となったんです」(芸能プロ関係者)

 

 1月スタートの月9は、12月上旬には撮影を開始しないと間に合わない。それが11月末に主演が降板したのだから緊急事態だ。

 

「あわてて新たなキャスティングを交渉して西内が主演することになった。でも主演が男の竹野内から女の西内に代わるわけだから、ストーリーも一から変えなくてはならない。もうバタバタで、撮影は大幅に遅れてしまっている」(同)

 

 この影響は、月9の直後に放送される「ズレオチ」にも及んだ。

 

「月9の初回は、放送時間を長くして放送されることが多い。でも制作が難航して、放送スタート日もなかなか決まらなかったから、『ズレオチ』もスタートする日や放送時間がなかなか決められなかった」(前出のフジ関係者)

 

 世間の注目は「最後の『スマスマ』でSMAPはどうするのか?」という点に集まっているが、後継番組も揺れに揺れているようだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。