• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > ドラマ「深夜食堂」映画第2弾 日本より海外でヒットの理由は

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマ「深夜食堂」映画第2弾 日本より海外でヒットの理由は


海外でも人気の「深夜食堂」のキャストと監督

 映画「続・深夜食堂」(公開中)の舞台あいさつが24日、都内で行われ、主演の小林薫(65)、オダギリジョー(40)、須藤理彩(40)ら出演陣と、松岡錠司監督(55)が出席した。

 

 同映画は安倍夜郎氏の同名コミックが原作。昭和のにおいが漂う路地裏の食堂「めしや」を舞台に、小林演じるマスターと客たちの人間模様を描く。2009年からシーズン3までテレビドラマ化され、15年に初映画化。全国80館という規模ながら興行収入2・5億円、動員数20万人超を記録した。今作は映画2作目となる。

 

 小林は「海外ではトランプが大統領に当選したり、朴槿恵がバイアグラ300錠買ったり重大事件がありますが、ここでは市井の人の身近な話が心にしみるドラマになっています」とアピールした。

 

 この映画、実は日本よりも海外の方が盛り上がっている。すでに韓国、台湾、香港などアジアを中心に20か国・地域での上映が決定。29日にはオダギリと松岡監督が台湾の舞台あいさつに向かう予定だ。なぜ海外でヒットしているのか。その意外な理由を関係者がこう明かす。

 

「違法サイトです。テレビドラマで放映していたとき、どんどんアップされたんですよ。しかもその国の字幕付きで。そしたら人気に火がついちゃって、いつの間にかブームになっていました。もちろん、著作権的には禁止行為なんですけどね(苦笑)」

 

 きっかけはともかく、話題にはなった。シーズン3は韓国の「ソウルドラマアワード2015海外ドラマ部門」を日本ドラマとして初めて受賞。小林が韓国に行くと空港でサインを求めるファンにもみくちゃにされたという。この映画も、今年のカンヌ映画祭のマーケットに出展したところ、オファーが殺到。関係者にとってみれば、痛しかゆしといったところか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。