• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > キムタク&静香 掟破りの「夫婦共演」へ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キムタク&静香 掟破りの「夫婦共演」へ


“裏切り者”呼ばわりから一転、オキテ破りの夫婦共演へ――。SMAPの解散騒動で、ただ1人、事務所残留を希望した木村拓哉(43)が“裏切り者”として人気急落、その妻、工藤静香(46)も“黒幕”として散々バッシングもされた。だが、この夫婦が、このまま黙っているハズがない。年内をもってSMAPが正式に解散した後、アッと驚く逆襲に転じるとの情報を入手した。それは、ジャニーズ事務所初の「夫婦共演プラン」だという。

 木村の妻、工藤がSMAP解散騒動に参戦したのは本紙が先月、羽田空港でハワイ帰りの工藤を直撃したことがきっかけだった。木村が裏切り者と呼ばれていることに工藤は「なんでか分からない」「皆さんの想像と違うと思いますけど」などと答えた。

 これに続いて工藤は、先週発売の写真週刊誌「フライデー」の取材にも答えてみせた。このときは、自身の“黒幕説”についてキッパリと否定した上で「私は木村静香として、プライベートでは彼の一部ではありますが、仕事では“付属品”にもならない存在」と語ったという。さらに、中居正広(44)ら4人の姿勢にも、疑問を投げかける言葉を放った。

 これまでの沈黙を破って、いよいよ積極的な動きを見せ始めた工藤。この裏にはどんな事情があるのか――。

 今年1月にSMAP分裂騒動が表面化した際、メリー喜多川副社長(89)らの意向で中居ら4人をフジテレビ系「SMAP×SMAP」で公開謝罪させたことをきっかけに、木村の評判は急落。SMAP5人での独立を潰した“裏切り者”とファンからバッシングされるようになった。

 同時に、メリー副社長と親密な関係を築いていた工藤も夫・キムタクを事務所残留へ向け説得した“黒幕”と指摘されているのは周知の通りだ。

「これまでジャニーズアイドルの妻としてはほとんど表に出なかった工藤が最近、立て続けに出てきたのも、さすがに夫の苦境を見ていられなかったからです。工藤としては、なんとしても夫の立場を守りたいところだが、逆に火に油を注ぐ結果となっていることは否めない」とはあるワイドショー関係者。

 家族を守るために残留を決意した夫に対する心ない人々の“裏切り者”のそしり。耐え切れずに逆襲に出た工藤だが、ここ最近の露出は、別の狙いも隠されているという。それは、ジャニーズ事務所設立以来初となる「夫婦共演」だ。

 同事務所は基本的に夫婦共演はNG。そのオキテを破って、いよいよ木村&工藤夫妻が新たな一歩を踏み出すのでは、とみられているのだ。

「実はこれまでも水面下で、何度も夫婦共演のオファーはあった。昨年も夫婦揃ってのCM出演オファーがあったが、すべて元チーフマネジャーのI女史が一蹴していた。ジャニーズもそうだが、SMAPのことを考えて、I女史が最も夫婦共演を否定してきた。ただ、年内をもってSMAPは解散、来年から木村がピンでの活動になることで、いよいよ解禁になるといわれている」と芸能プロ関係者は明かす。

 ジャニーズには東山紀之&木村佳乃夫妻、井ノ原快彦&瀬戸朝香夫妻などがいるものの、誰も夫婦共演は実現していない。なのになぜ、木村&工藤が先陣を切る可能性が高まっているのか?

「解散騒動を経て、木村のイメージはどんどん悪化。ピンになっても今までと同じような活躍は見込めず、変化が必要なのは誰の目にも明らか。そこで夫婦共演をきっかけに“格好いいモテ男”から“良い夫”“良いパパ”のキャラにチェンジする算段らしい。そんな事情があるから、ジャニーズも認めるしかないでしょう」と前出の関係者は話している。

 妻の工藤は夫婦共演に乗り気だという。某民放のテレビ局関係者は「最近の“木村の妻”というアピールから分かるように、工藤本人は決して夫婦共演がダメというわけではない。ただ、ジャニーズというか、I女史の方針だからと守ってきただけ。I女史はいなくなり、ジャニーズも徐々にだが軟化している」。

 基本的に公の場でツーショットを披露することはなかった木村、工藤夫妻だが、いよいよ来年から“解禁”し、世間に大逆襲を仕掛けることになりそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【浜名湖ボート】 開設64周年記念GⅠ浜名湖賞
注目選手インタビュー、記者の予想など動画コンテンツを配信!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

【サマーナイトフェスティバル】新田祐大が渡辺一成とワンツー決めて“夜王”戴冠
新田祐大が豪快なまくりで制覇。高松宮記念杯に続くビッグレース連続優勝を決めた。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

キアヌ演じる伝説の殺し屋が“1分1殺”以上の勢いで大暴れ

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレースまるがめ・SG「オーシャンカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。