• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 【SMAP解散】発表のその時、ジュリー氏は“海外逃亡”していた!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【SMAP解散】発表のその時、ジュリー氏は“海外逃亡”していた!


ジャニーズ事務所

 人気アイドルグループ「SMAP」が12月31日をもって解散することが14日未明、発表された。今年1月の分裂騒動で、木村拓哉(43)の“裏切り”に、中居正広(43)ら4人の怒りが解けなかったとみられるが、そうしたなか“SMAP育ての親”I女史を追い出し、正式なジャニーズ事務所の後継者となった藤島ジュリー景子副社長(50)が“海外逃亡”していたことが判明。騒動の渦中にいることを避けるためではともみられているが、「こんなことでは経営者失格」と厳しい声が上がっている――。

 ジャニーズ事務所からの独立を企てた“SMAP育ての親”のI女史に、キムタクこと木村を除く4人のメンバーが追随しようとしてメリー喜多川副社長(89)が激怒。結局、I女史だけがジャニーズを退社し、メリー氏の愛娘であるジュリー氏が、名実ともに“後継者”となった。

 SMAPも、I女史からジュリー氏の管轄下になったが、結局は解散という結果に…。「あの個性が強い5人をまとめられるのはI女史だけ。ジュリー氏ではムリだったということ」(芸能プロ関係者)

 ただ、解散が発表された14日、ジュリー氏は日本にいなかったという。「夏休みなのか分からないけど、数日前に海外に行ったそうです。ジャニーズは、事務所にとって都合の悪い発表をする時に、上層部が日本を離れることが結構あるけど、SMAPを置き去りにしての“海外逃亡”とみられても仕方ないでしょうね」(同)

 ジュリー氏が海外に行ったのは、ある人の指示だと見られる。「どう考えてもメリーさんでしょう(笑い)。娘を騒動の渦中に居させたくないという母心でしょう。でも正式にジャニーズの後継者となったのだから、大事な時に日本を離れるとは、経営者失格と言われても仕方がないのでは」(同)

 現在、中居などスケジュールのハッキリしているメンバー以外の動向について様々な情報が錯綜しているが、「木村がハワイにいるのではという情報も流れている」とテレビ局関係者。騒動当初、残留を表明した木村にもジュリー氏同様に、海外渡航情報が流れているとは何とも意味深だ。

 またSMAPが契約を更新する日は、毎年9月9日に決まっていた。これは「Can’t Stop!! ―LOVING―」でCDデビューしたのが1991年9月9日だったため。「これまで契約を更新するかどうかでもめることなど、一度もなかったから、慣例みたいなもの。例年3か月前に、更新することを確認するだけだった」(レコード会社関係者)

 ただ、解散は12月31日。これは唯一、5人全員が揃って出演するバラエティー番組「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)のためだという。

 今回、事務所としては最後までSMAPを存続させる方向で進めようとしていた。そのため「解散することを『スマスマ』サイドが伝えられたのは、ホントについ最近。しかもほんの一握りの上層部にしか知らされなかったそうです」(前出のレコード会社関係者)。

 9月に解散するとしたら、10月以降の「スマスマ」の後継番組を立ち上げることは不可能だ。「『スマスマ』はSMAPの代表的な番組で、いくら何でも解散した後に放送し続けるわけにはいかない。とはいえ10月から新番組を立ち上げるのはムリ、となれば、解散を年末まで延ばして『スマスマ』も年内で終了。1月から新番組を立ち上げることにしたようだ」(同関係者)

 それでも突然の解散の決断には「実際、これ以上放送すること自体が難しい。でも9月の打ち切りはムリだから年末まで続けるが、10月から12月までどんな内容を放送するのか、全く見えていない」(フジ関係者)

 隆盛を誇った人気番組だけに「せめて最後に、5人揃って何か一緒にやってほしい」という声も強いが、メンバー間の確執が強い中、実現するか不透明だ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【浜名湖ボート】 開設64周年記念GⅠ浜名湖賞
注目選手インタビュー、記者の予想など動画コンテンツを配信!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

【サマーナイトフェスティバル】新田祐大が渡辺一成とワンツー決めて“夜王”戴冠
新田祐大が豪快なまくりで制覇。高松宮記念杯に続くビッグレース連続優勝を決めた。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

キアヌ演じる伝説の殺し屋が“1分1殺”以上の勢いで大暴れ

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレースまるがめ・SG「オーシャンカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。