• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 【初公判】清原被告に懲役2年6月を求刑「自ら命を絶つことも考えた」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【初公判】清原被告に懲役2年6月を求刑「自ら命を絶つことも考えた」


清原和博被告

 覚醒剤を使用した罪などに問われている元プロ野球選手の清原和博被告(48)の初公判が17日、午後1時30分から東京地方裁判所で開かれ、検察側は懲役2年6月を求刑した。

 

 起訴事実を認めた清原被告は、日米球界で活躍した友人・佐々木主浩氏が情状証人として証言すると、ハンカチで涙を拭うシーンを何度も見せた。

 

 佐々木氏は「ただショックでした。優しい男。なんとかしてあげたい」との一心で証言台に立ったという。

 

「これから先、彼のために何ができるか今も考えています。これからも野球に関わる仕事をしてほしいと思っています。2回目はないと信じています」などと、再スタートに貢献したい意向を述べた。

 

 佐々木氏は「名前は言えないが、彼を支援したいという先輩や後輩、同級生は大勢いる。同級生とは、彼と野球教室やボランティアをやっていこうと話しています」と力になることを約束した。

 

 清原被告はプロ野球界やプロ野球を目指す子供たちに謝罪し、「更正プログラムや保護監査を希望します」などと二度と覚醒剤に手を染めないことを誓った。入院も前向きに検討しているという。

 

 どうして手を出したのか、頻度については「自分でもよく分からない。いつの間にか止められなくなっていた。自ら命を絶つことも考えていました」と主張した。

 

 留置場では父に初めて手紙を書いたという。初めて青いグローブを買ってもらったことなどを振り返り「許してください」とつづったという。

 

 また息子たちにも会いたいと主張。「会って謝りたい」と号泣した。

 

 公判は結審して、次回31日に判決が言い渡される。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開。“見逃してしまった人のために、競馬ラボのユーチューブ公式チャンネルでダイジェストを配信します!

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北海優駿(6月1日、門別競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。