• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 紅白出場の声優・新田恵海「AV疑惑報道」の背景

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紅白出場の声優・新田恵海「AV疑惑報道」の背景


新田恵海

 まさか!本当なのか!? 昨年のNHK紅白歌合戦に出場した声優アイドルユニットの中心メンバーにAV出演疑惑が報じられた。5日発売の「アサヒ芸能」が、人気アニメ「ラブライブ!」の声優9人で結成されたμ’s(ミューズ)のセンター・新田恵海(30)が、大学生時代にオムニバスの素人AV作品に出演したというもの。これがもし真実ならば、声優・アニメファンは仰天しそうだが…。

「アサヒ芸能」は「紅白出場アイドルが封印した本番AV出演衝撃アルバイト」と題して、2008年に発売された素人女性が複数出演するAV作品を検証し、Fカップ乳をさらけ出した出演女性=新田と断定的に書いている。

 これが真実だとすれば声優、アニメ業界、ファンが騒然となるのは必至だ。なにしろ、新田がセンターを務めるμ’sは昨年の紅白歌合戦に出場したことでも分かる通り、いまや声優アイドルとしてはトップに君臨するほどの人気だからだ。

「紅白を経て、3月31日、4月1日に東京ドームでは計10万人のファイナルライブをもって、9人でのライブ活動を実質的に終了させたばかり。それぞれ声優、歌手などとしてソロ活動に戻って新たなスタート切ったところ」(関係者)

 μ’sはアニメ「ラブライブ!」の第2シーズン終了と同時に同アニメを卒業。今夏に放送がスタートする第3シーズン「ラブライブ!サンシャイン!!」に出演する次の若手声優ユニット「Aqours(アクア)」が始動している。

 μ’sメンバーとしての活動を実質的に終えた新田は、ファーストソロライブアルバムの発売を5月に控え、ライブ日程も入っているほか、NHKEテレの新番組「テストの花道 ニューベンゼミ」のナレーターとして4日の放送からレギュラー出演しているだけに、AV騒動が本当ならば各方面への影響は計り知れない。

「アサ芸」には、問題のAV作品に出演したとみられる時期は、新田がまだ音楽大学に通っているころで、現在の事務所に入る前年と書かれている。

 一方、新田の所属事務所の担当者は4日、本紙にこう語った。

「そうした(AV出演の)事実はありません。実は、ファンの間でかなり前から『(新田に)よく似た素人AVの人がいる』と話題になり、2ちゃんねるでも話題になっていました。新田本人は『またこれ?』と笑っているほど。ただ、ここまで断定的に書かれて、こちらが何も言わないと認めたことになりますので、今回は事務所としてもホームページなどで正式な見解を出し、雑誌にもなんらかの方法で対応することを検討しています」

 新田や周囲にとっては、AV出演疑惑は過去に浮上し、解決済みの話だったという主張だ。

 また、5日未明にはホームページ上で「新田恵海本人に確認したところ、当該の記事とみなされている人物は、本人ではないとの話でございました。それを受け事務所で調査をしている最中ではありますが、新田恵海本人ではないという結論に至りました」と改めて報道を否定。今後の対応に関し「現在、弁護士と相談中」と発表した。

 こうした疑惑を呼ぶ背景には、声優たちの厳しい現実があるのも事実。

「声優やナレーションの世界は本業だけで食べていけるのはほんのひと握り。月収数万円という声優はゴロゴロいますからね。当然、バイトをしながら頑張るしかなく、なかにはキャバ嬢などをしているコもいる」(別の声優事務所関係者)

 その“若手声優”のトップとなった新田に業界入り前のAV出演歴があったとなれば衝撃ニュースに違いないが、果たしてその真相は…。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ニコ生】アンカツと大島麻衣が桜花賞で激論!
「東スポ@競馬ラボ アンカツ春の予想祭り」を4月8日(土)に配信!

【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。