• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 【モー娘トーク(1)】石田亜佑美&牧野真莉愛 ズッキ卒業後のレギュラー番組めぐりバトル

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【モー娘トーク(1)】石田亜佑美&牧野真莉愛 ズッキ卒業後のレギュラー番組めぐりバトル
2016年03月26日 10時00分

「モーニング娘。’16」の牧野(左)と石田

 アイドルグループ「モーニング娘。’16」の12期でルックスNo・1と言われる牧野真莉愛(15)が、エースの石田亜佑美(19)とトークバトルを繰り広げた。ズッキこと鈴木香音(17)が春のツアーをもって卒業することで揺れるなか、鈴木のCBCラジオレギュラー番組の「後釜」をめぐるシ烈な争いを展開。鈴木と同じ愛知県出身の真莉愛が一歩リードかと思いきや――。特別インタビューを4日間にわたりお届けする。

 

 ――愛知県出身の先輩には鈴木香音さんがいる

 

 牧野:愛知県のライブのアンコールでは、鈴木さんのイメージカラーの緑色と、私のライトピンクのサイリウムでファンの方が応援してくれるんですけど、その取り合わせがとてもきれいで…。まるで桜が咲いている野原の景色みたい。私が加入する前は、鈴木さんの緑色だけだったので、私が邪魔しちゃったかなーとも思っていたんです。でも鈴木さんは『真莉愛ちゃんが来てくれてうれしいよー』って言ってくださって、うれしかった。

 

 ――鈴木さんがこの春ツアーで卒業

 

 牧野:寂しいですね。いつも優しくしてくださったので。

 

 石田:鞘師さんの卒業の時は、9期、10期でいつもイベントとかを一緒にやってて。その中から、初めて卒業するメンバーが出たということで混乱だった。ただ、その卒業に触れたことで、鈴木さんの卒業発表を聞いた時は、少し免疫ができていたというか、意外と受け止められた。それで『福祉の道に進みたい』という夢を聞いて、納得できました。その姿が想像できるし、鈴木さんだったら、周りの人を笑顔にしてあげられるんだろうなって。そういう鈴木さんのすてきな姿が想像できるので、私たちも笑顔で見送ってあげなきゃなーって。

 

 ――少し意地悪な話をしますが牧野さんは、鈴木さんのラジオ番組(CBC)の後釜を狙ってる

 

 牧野:実は私、CBCラジオさんの作文コンクールで2回ぐらい入選しているんですよ。

 

 石田:本当なの? へぇ~。

 

 牧野:そういうのもあるので、ぜひ、やらせていただきたいです!

 

 石田:でも、私、真莉愛ちゃんの1人しゃべりは〝危ない〟と思うなぁ~(笑い)。

 

 牧野:いやいやいや。

 

 石田:コンサートのMCとかでも、唐突にぶっこんでくるんですよ。『マリアンラブリンです』『ごめんちゃいマリア!』とか。ファンのみなさんはまだ優しいんです、真莉愛ちゃんがグループ加入1年目なので。そのうち絶対〝くる〟よって。

 

 牧野:そんなことないですよ。先輩たちは楽屋で『えー』って言うんですけど。でもファンの方は握手会でも、いいって言ってくださいますもん。

 

 石田:今だけ、だよ(笑い)。

 

 牧野:えー!

 

 石田:真莉愛ちゃんは文章の組み立てがまだ苦手なんだよね。だから、いま作文で入選したっていう話を聞いてびっくりした!

 

 牧野:おしゃべり下手くそって、みなさん言うんですけど、自分でもそう思ってるんですけど、実は国語が得意です。

 

 石田:1回、トーク前の舞台裏で真莉愛ちゃんが「あーどうしよう、何しゃべろう、どうしよう」って、ついには泣きだしちゃったことがあるんです。毎回そんなのだったら、ラジオとか絶対無理!

 (つづく)

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
第98回全国高校野球選手権大会
注目校、話題の選手から神ノックの女子マネジャーまでここでしか読めない舞台裏情報満載!

【サマーナイトフェスティバル】昨年のGP王者・浅井康太がGII初優勝
決勝は昨年のグランプリ王者・浅井康太(32)が吉田敏洋(36)の逃げに乗ってGII初優勝を手にした。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は津プレミアムGⅠ「レディースチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。