• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 大阪・枚方に阿部寛の生霊出現?! 衝撃写真を検証

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪・枚方に阿部寛の生霊出現?! 衝撃写真を検証
2016年03月26日 10時00分

こちらをにらみつけるヒゲの男

 誰も乗っているはずのない電車の中に、ヒゲ面の男が座ってこちらをニラみつけている!! この“心霊写真”が撮影されたのは駅のホームではなく、大阪・枚方市のショッピングモール。電車はモール内のスペースに展示されている旧京阪電鉄の車両だ。本紙は撮影者と連絡を取り、写真を撮って検証すると…。

 

 

 撮影者Aさんが「日本霊能者連盟」に鑑定を依頼。同連盟から本紙に送られてきた画像を確認すると、目を凝らすまでもなく「テレビカー」の「カ」の文字の下の車窓にくっきりとヒゲ面の男の顔がこちらをにらみつけているのがわかる。

 

 椅子の向きは写真の左方向に統一されているが、写っている男は右向きだ。実際に人が乗っているのなら、この座り方はあり得ない。ボサボサの毛髪の量は多く、口周りとモミアゲからアゴにかけてはヒゲをたくわえている。

 

 Aさんに話を聞くと「撮影日は2月25日、お昼の0時か1時くらいです。電車の写真を撮って、帰宅後、確認してみると、人の顔が写っていた。車内に人はいなかったように思う」と語る。

 

 本紙記者とカメラマンは現場の「KUZUHA MALL」に向かった。

 

 ショッピングモール内の憩いの場となっている一角には、本物の電車が一両、展示され、ちょっとした電車博物館のようなスペースだ。展示されているのは日本初のカラーテレビ付き車両としてデビューした京阪電鉄初代3000系の「3505号車」。

 

 同車両の営業開始が1972年で、モールの前身・くずはモール街開業と同じ年だった縁もあり、2014年のモールリニューアルを機に展示が始まったという。

 

 モールには買い物客や家族連れが多く、およそ心霊スポットにありがちな不気味さとはまったく無縁の場所だ。展示スペースのスタッフも「お化けが出るとか聞いたことがないですね。営業終了後に見回りもしますが、何もないですよ」と語る。

 

 テレビカーの前に到着した記者とカメラマンはがくぜんとした。

 

 車両の奥と、車両の前方の2か所に大きなモニターが設置され、モール内にある映画館で上映予定(当時)の映画「エヴェレスト・神々の山嶺」の告知映像が映し出されていたのだ。そこには俳優・阿部寛(51)の姿が…。

 

 検証のため、カメラマンは、車両の奥にあるモニターに阿部が映し出されるタイミングに合わせてシャッターを切った。すると、Aさんの写真と極めてよく似た写真が撮影できるではないか。

 

 この結果をAさんに伝えると「モニターがあるのは知っていたが、何が流れているのかは気に留めなかった」といい“心霊写真”の正体が阿部だと伝えられ、逆にホッとした様子。

 

 モール関係者によると、この映像は2月17日から上映されており、Aさんが偶然撮影した2月25日にも流されていたことが確認できた。

 

 前出の「日本霊能者連盟」の山本隆雄理事長は「阿部さんの部分は単なる映り込みでしたが、他にも写真には2か所ほど霊の気配はありますね」と話している。

 

 とんだ騒動だが“阿部寛の心霊写真”が撮れるスポットとして人気になったりして!?

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】






【関連記事】


ピックアップ
【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

「リオデジャネイロ五輪」特集
舞台裏などここでしか読めない情報をお届けします!

9月19日「東スポカップポーカー大会」開催
開催要項、特典、代表選考会開催店舗を記事&動画で紹介!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

本紙で2010年2月に連載した「魔法のムチ『武邦彦の真実』」をお届けします。

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生SG「メモリアル」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。