• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 清原被告 シャブ断ちだけでない「保釈→即入院」の深刻事情

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清原被告 シャブ断ちだけでない「保釈→即入院」の深刻事情
2016年03月19日 06時00分

清原被告が入院した病院前では写真を撮る人の姿も

【薬物逮捕でアウト!番長の転落と闇(38)】17日夜に保釈されると千葉県内の病院に緊急入院した元プロ野球選手・清原和博被告(48)をめぐる世間の関心は、初公判(5月17日)までの動向に移った。覚醒剤取締法違反(所持、使用)の罪で法の裁きを受ける清原被告。保釈金500万円を納付して拘束を解かれた後に文書で発表したコメントでは、入院について「持病の糖尿病等の検査・治療のため」としたが、実際は“シャブ断ち”(薬物依存治療)なのは明白だ。しかも、さらなる理由があった。なりふり構わず病院に“逃げ込んだ”隠された事情とは――。

 2月2日の現行犯逮捕から44日ぶりにシャバに出た同被告を乗せたワンボックス車は、約500人の報道陣が待ち構える中、17日午後6時52分、東京・霞が関の警視庁本部から出てきた。

 同被告はシルバーのワンボックスカーの後部座席に乗っていたと思われるが、窓という窓に黒い布がかけられ、車内の様子はうかがえない。

 関係者によると「保釈前には伸びっぱなしだった髪の毛を警視庁内で切ったそうだ。勾留中は髪を染めることができず、このひと月半で白髪もずいぶん目立つようになった」。

 警察官30人以上が交通整理に当たり、清原被告のために周辺道路を封鎖する“VIP待遇”で銀座方面へ疾走。10台以上のバイクと30台以上の車、上空では6機のヘリコプターが追跡した。首都高速に入ると東京外環道を経て千葉県へ。

 保釈金500万円を同日納付した同被告は保釈にあたり、弁護士を通じてコメントを発表。事件について謝罪し、保釈後、姿を見せなかった理由を「警視庁から、周辺道路の安全を確保する必要があり、そのような振る舞いは差し控えるようにとご指導をいただきました」と説明した。

「いつか機会をいただき、直接皆様に謝罪したいと切に願っています」と後日改めて謝罪会見を開く意向だ。

 午後8時20分ごろ、清原被告が到着したのは千葉県内の病院だった。入院について清原被告はコメントで「持病の糖尿病等の検査・治療のため」としている。同病院には糖尿病内科があるが、別の関係者によると「当然、薬物依存治療も行うだろう。初公判の時に『更生に向け努力しています』とアピールする狙いがある」という。
 実は、入院の理由はほかにもあった。

「清原被告にうつの兆候が出ていて、目を離すと自傷行為に走る可能性があるため。取り調べでは捜査員の厳しい言葉に、どんより落ち込むことがあった。さらには警備面で安心なこと。闇社会とのつながりが指摘される清原被告はシャバに出た後、何らかの報復を受けるのではないかと恐れている。それに『マスコミが怖い…』ともこぼしているので、病院内ならばその点でも安心」(同)

 受け入れた病院は、清原被告が恐れているマスコミ対策については、確かに万全だった。

 警備の厳しさは清原被告を乗せたワンボックスカーが、病院の裏口にある地下駐車場へと入った時から見られた。追跡していた報道陣もその後を追おうとしたが、警備員4~5人が入り口でガード。さらにロープで規制した。

 鉄壁の警戒態勢を敷いた上に「病院として患者の存否はお答えすることができない」と話す渉外担当者は、今後についても「どんな人物がいても病院として会見を行う予定はない。今すぐ帰ってください」と報道陣を突っぱねた。

 病院を訪れていたカップルによると「ものすごいピリピリした感じでした。黒い服を着た人たちが何人も中にいて、ゴミ箱をあさって調べたり、侵入者がいないか探すように巡回したり…。清原が来たと報じられた時間にはエレベーターが止められて、いつもとはかなり違う異様な雰囲気だった」と驚きを隠さない。

 警備だけではない。同病院には、カテーテル手術を得意とする日本有数の名医もいる。

 清原被告が糖尿病の悪化だけでなく、発作的に自傷行為などに走っても名医によるチームが直ちに最良の治療ができるメリットは大きい。覚醒剤中毒と逮捕・留置生活でボロボロになった体と心を立て直すには、何よりの環境というわけだ。

 初公判は東京地裁で5月17日に開かれるが、それまでの入院生活で、清原被告がどこまで回復できるか?

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【高松宮記念杯競輪】優勝の新田祐大をミス日本グランプリ松野未佳さんが祝福
新田祐大が圧巻の走りで3回目のGI制覇を果たした。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!19日から毎日更新)

厩舎情報徹底取材「ザッツPOG」好評発売中
アンカツ3年連続参戦、2年連続で推奨馬クラシック制覇の虎石「神セレクト」、井崎、マツパク先生と最強布陣でお届けします。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は蒲郡SG「グランドチャンピオン 」

18〜23歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。