• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 清原覚醒剤逮捕報道に芸能プロ幹部が違和感

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清原覚醒剤逮捕報道に芸能プロ幹部が違和感


清原和博被告

 覚醒剤取締法違反で起訴された元プロ野球選手・清原和博被告(48)が逮捕されて以降、新聞やテレビなどのメディアでは「芸能界の薬物汚染の闇は深い」などといった論調の報道が目立つ。

 これに違和感を覚えるのが某芸能プロ幹部だ。

「現役引退後も清原は、ずっと芸能界で活動していたわけではない。確かに芸能人に薬物での逮捕者が多いのは認めるけど、清原の逮捕で『芸能界の薬物汚染』と言われるのはおかしい。日本のメディアは芸能界にはメチャクチャ厳しいけど、野球などスポーツ界には甘い気がする」とため息交じりに話した。

「芸能界の薬物汚染の闇」という論調は、過去に酒井法子やASKAが逮捕された際にも同じように大きく報じられた。そのころはたびたび「芸能界薬物汚染ルートの全容解明が必要」などと言われたものだ。もちろん酒井やASKAはずっと芸能界で生きてきた人間だから、そういう論調になるのは当然のことだが、清原被告は全く違う。

 1998年から2001年まで清原被告と巨人でプレーし、06年に覚醒剤取締法違反で逮捕された野村貴仁氏(47)は現役時代、清原被告に覚醒剤を渡していたことを告白した。それが事実ならその時期には、巨人には少なくとも2人は覚醒剤に手を出していた選手がいたわけだ。

 そのうえ野村氏は本紙の取材に対し「当時はほかに覚醒剤を使用していた選手が2人いた」と明かしている。ということは、当時は最低4人は覚醒剤に手を出していたことになる。そうなると「プロ野球界の薬物汚染の闇」も芸能界に劣らず、相当深いものだと言わざるを得ないだろう。

 清原被告は現役引退後も覚醒剤をやめられず、今年2月に逮捕されるまで使用し続けた。本紙でも報じたように、大物アーティストなど芸能関係の人物と接触していたのは事実だ。

 とはいえ、清原被告の逮捕で「芸能界の薬物汚染の闇は深い」となると、反発する前出のような芸能プロ幹部も出てくるのだ。

 同幹部いわく「日本のメディアは芸能界にはメチャクチャ厳しいけど、野球などスポーツ界には甘い気がする」——。これはテレビ局の姿勢が影響しているのだろう。テレビ局関係者は「今はともかく昔の民放キー局は、巨人戦で視聴率を稼がせてもらった。その恩があるから厳しく追及できない。ただ犯罪だから、もっと厳しく報じなきゃいけないとは思うけど…」と言う。

「ダウンタウン」松本人志(52)は、レギュラー出演しているフジテレビ系「ワイドナショー」で「芸能界も違法薬物に汚染されてるみたいによく書かれるでしょ。そこまで言う権利はないけど、せめて吉本だけでも、もう何か検査、抜き打ちでもやってほしいわ」とコメント。中には実際に薬物検査を実施した芸能プロもある。

 最近のプロ野球界は野球賭博問題が報じられ、全容解明が叫ばれているが、薬物問題の全容解明も絶対に必要なこと。薬物検査は、芸能界だけでなく野球界でも実施すべきではないか?

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開。“見逃してしまった人のために、競馬ラボのユーチューブ公式チャンネルでダイジェストを配信します!

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北海優駿(6月1日、門別競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。