• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 【薬物疑惑】黒い噂が出た大物女性タレントの危ない交遊関係

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【薬物疑惑】黒い噂が出た大物女性タレントの危ない交遊関係


保釈間近の清原容疑者

【薬物逮捕でアウト!番長の転落と闇(34)】元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)が覚醒剤取締法違反容疑で逮捕されたのをきっかけに、再び薬物疑惑芸能人が取りざたされている。本紙はこれまで、男性大物司会者、大物歌手、女性歌手などの疑惑を報じてきたが、まだまだ疑いの濃い芸能人は存在する。Who’s Next? 浮上したのが、かねて黒い噂が付きまとっている大物女性タレントXだ。

 清原事件を機に、再び芸能界と薬物に関して世間の注目が集まっている。毎年のように芸能人が薬物事件で逮捕されており、残念ながら業界の掛け声とはウラハラに、とても薬物一掃とはなっていないのが現状だ。

 もちろん、大多数の芸能人が違法薬物には手を出していない。だからこそ、世間から芸能界に向けられる不信の目は、薬物とは無縁の芸能人にとっては迷惑千万といったところだろう。

「ダウンタウン」松本人志(52)は先月放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で「芸能界もそんなん(違法薬物)に汚染されてるみたいによく書かれるでしょ。そこまで言う権利はないけど、せめて吉本だけでも、もう何か検査、抜き打ちでもやってほしいわ」と断言。他にも複数の芸能人が「自分はやっていない!」と次々と声を上げた。

 だが、清廉潔白とはいえない芸能人が存在することも事実だ。その中の一人が、歌やドラマ、バラエティー番組とマルチな活躍を見せていた女性タレントXだ。

「Xはずっと怪しいと疑われ続けている。1~2年前にも『クスリでヤバイようだ』という話が業界を駆け回ったほど」と芸能プロ関係者。
 現在は決して恵まれたポジションにいるとは言えず「いろいろと精神的に追い込まれてかわいそうな部分はある。だからクスリから離れられないのかもしれない」(前出関係者)。

 あくまで疑惑の段階だが、このXが疑われるのには理由がある。事情通は「女性タレントの自宅近くに、クスリを手に入れられるバーがあり、そこのママは“シャブママ”といわれている。Xはそこによく自転車で通っており、覚醒剤を入手しているという話だよ」と語る。

 Xは清純そうなイメージとは違って、危ない交友関係を持っていることでも有名だ。

「現在も限りなくソッチの筋に近い人と親密な交際を続けており、そのラインからも入手できるようだ。覚醒剤は男女で使うことが多いから」(前出事情通)。Xはビジネス上でも“黒い交際”が取りざたされており「各地で黒い人脈を頼って、仕事をしている。最近、その中の一人を怒らせて付き合いをやめられた、なんて話も入ってきているよ」と芸能プロ幹部。

 Xに関する薬物情報は多くの業界人が知るところで、捜査当局が注目しているとの情報もある。

「クスリをやっている人間は、逮捕を警戒する一方で、自分だけは大丈夫と思っている節がある。だからASKAにしろ清原にしろ、事前に実名で報道されたにもかかわらず、結局やめることができずに逮捕されたでしょ。自分だけは大丈夫なんてことはないのだから、すぐにクスリとは手を切るべきだ」(前出幹部)

 Xの疑惑は払拭されるのか、それとも…。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ浜名湖賞】柳沢一が4度目のGⅠ制覇!
柳沢一が2コースからまくりを決めて優勝!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

【サマーナイトフェスティバル】新田祐大が渡辺一成とワンツー決めて“夜王”戴冠
新田祐大が豪快なまくりで制覇。高松宮記念杯に続くビッグレース連続優勝を決めた。


おすすめコンテンツ
金沢スプリントカップ(7月25日=金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

キアヌ演じる伝説の殺し屋が“1分1殺”以上の勢いで大暴れ

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート・プレミアムGIレディースチャンピオンシップ

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。