• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 清原容疑者の「先輩OB」を事情聴取…次は大物歌手か

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清原容疑者の「先輩OB」を事情聴取…次は大物歌手か
2016年03月04日 05時00分

清原容疑者

【薬物逮捕でアウト!番長の転落と闇(25)】元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)が覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された事件が、ついに球界と芸能界に波及した。捜査当局は事件の全容解明のため、同容疑者のプロ野球での先輩にあたる大物OBを任意で事情聴取していたことが本紙の調べでわかった。今後も同容疑者の“シャブ仲間”といわれている大物歌手からも事情を聴く意向というから、事件は大きな節目を迎えた形だ。球界、芸能界にさらなる激震が走ることは間違いなく、今春にも始まる裁判で実名が飛び交う可能性も出てきた。

 2月2日深夜の衝撃的な“番長逮捕”から1か月。覚醒剤所持容疑に続いて使用容疑で同23日に再逮捕された清原容疑者は、捜査当局の厳しい取り調べを受けている。最近は供述や様子が報じられることも少なくなったが、水面下で事態は大きく動いていた。
 捜査事情通は語る。

「捜査当局は、清原の先輩のあるプロ野球界OBからすでに任意で話を聴いています。このOBには清原と一緒にクスリをやっていたという疑惑が付きまとっていて、“悪友”ともいえる存在。清原事件では、すぐに名前が出てきた人物」

 このOBは「先輩」だというから、本紙など各メディアで清原容疑者の覚醒剤使用について証言している元プロ野球選手・野村貴仁氏(47=過去に覚醒剤事件で執行猶予付き有罪判決)は該当しない。その球歴には輝かしいものがあり、大物として知られる存在だという。清原事件を機に複数の球界OBにも薬物疑惑がかかっているが、当局が今回事情を聴いたのは、事件の全容を解明するためとみられる。

「このOBは、いつから清原が覚醒剤に手を出していたのかなどについて詳しく知っており、事件のすべてを知る上でキーマンの一人。本人も逮捕となる可能性は否定できないが、直ちにということはなさそう。当局の動きを察知してすぐ、危ない橋を渡ることはやめたようだ。悪知恵が働く人間だから、そのあたりはぬかりがない」(前出事情通)

 そしてもう1人、捜査当局が事情聴取をどうしても実現させたい人物がいる。別の事情通の話。

「大物歌手からも話を聴きたいみたいだね。清原と“シャブ仲間”だったことは有名な話だったから。だけど、あくまで任意だから、大物歌手は逃げているって話だよ」

 本紙は清原容疑者が逮捕前、知り合いのバーなどの場で複数の“シャブ仲間”の実名を出して、面白おかしく話していたことを既報しているが、球界OB、大物歌手ともその中に名前が出てきた人物たちだ。

 大物歌手に関しては、週刊誌や一部スポーツ紙も清原容疑者が「覚醒剤を一緒にやった」と周囲に明かしていた、と報じている。

 芸能関係者は「清原が逮捕されるにあたって、かつてのシャブ仲間が当局に情報提供していた。その人物も球界OBと大物歌手の名前を出していたから、ずっと当局にマークされていた。今は2人ともビビッているんじゃないか」と明かす。

 今後、清原容疑者は覚醒剤所持に続いて、使用の罪でも起訴されることは確実だ。

「4月にもスタートする裁判の中で、球界OBや大物歌手の名前が出てくるようなことがあれば、衝撃は計り知れない」と前出関係者。

 清原容疑者を知る人物は「清原はコワモテのように見せているが、素顔は気が小さく、黙秘を続けることは無理だろう。もともと口が軽いことでも有名で、口を割るのは時間の問題だ」ともみている。

 2人の大物は少なくとも清原裁判が終結するまで、枕を高くして寝られぬ日々を過ごすことになりそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】プレミアムGⅠヤングダービー
1号艇の松田大志郎(福岡)が優勝!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

9月19日「東スポカップポーカー大会」開催
開催要項、特典、代表選考会開催店舗を記事&動画で紹介!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

豊かな感性・ガッツのある方を歓迎します。

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はとこなめボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。