• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 【たけしのエンタメ賞】話題賞の上西議員 北野作品に売り込み「ホステス役でもいい」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【たけしのエンタメ賞】話題賞の上西議員 北野作品に売り込み「ホステス役でもいい」


セットで話題賞を受賞した上西小百合衆議院議員(右)と家城大心秘書

 第16回ビートたけしのエンターテインメント賞の授賞式が28日、東京・港区の東京プリンスホテルで行われ、話題の人物が顔を揃えた。「浪速のエリカ様」こと上西小百合衆院議員(32)は“恫喝秘書”家城大心氏とともに話題賞を受賞。昨春、国会欠席問題で釈明会見を開いた時以来のツーショットを披露した。

 上西小百合衆院議員(32)が“たけし愛”を叫んだ。

 上西氏は“コワモテ秘書”の家城大心氏と第16回ビートたけしのエンターテインメント賞の「話題賞」をセット受賞。2人は昨年3月、体調不良で衆院本会議を休んでおきながら、「一緒に温泉旅行に出かけた」と報じられた。

 世間の猛バッシングを受け、上西氏は維新の党最高顧問(当時)の橋下徹氏(46)同席のもとで釈明会見を開き、マスコミ相手に「なにしとんじゃ、ゴラァ~」と巻き舌ですごんだ家城氏も出席。2人揃って頭を下げた。

 上西氏はその後、維新の党を除名処分に。並の政治家ならこれで終わりだが…彼女は違った。昨夏にセクシー自叙伝「小百合」を出版。バラエティー番組にも積極的に出演し、その存在感を高めていった。

 この日の授賞式にも堂々と家城氏と登壇。会場からは笑いも起こったが、たけしは「ここに来ることがエラい」と絶賛。上西氏とはテレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」で共演経験があり、その際に上西氏の横にコワモテの秘書(家城氏)がいたことに仰天。前代未聞の議員&秘書のセット授賞を決めたという。

 たけしは「彼女は正直なのがいい。議員にはエラくなればなるほど、セコくなるヤツが多いもん。彼女と番組で一緒になった時は(報道された)温泉旅行は違うと説明された。秘書は『別の女と行った』んだって(笑い)」とコメント。

 家城氏は大きくうなずき、その女性とは「あの騒動のせいで別れたんですわ」とグチった。

 これに上西氏が「この人、恋人募集中なんですよ」と合いの手を入れるなど、コンビネーションはバッチリ。たけしからは「彼女を少子化担当大臣にした方がいいな。それで秘書と…」とイジられた。

 それでも上西氏は「番組で共演した時にたけしさんは、さんざんバッシングされた私の話も最後まで聞いてくれました。それがいまの支えになっています」と感謝。たけし映画の大ファンでもあり「場末のホステスでも、スナックのママ役でもいいので“北野作品”に出たいです!」と目を輝かせた。すでにホステスのような飲み方が染み付いているだけに、役作りする必要はなさそう?

 家城氏も同じく「アウトレイジの続編があったら、声かからんかな。ヤクザ役でも何でも、たけしさんに言われたらやりますよ」とノリノリ。

 普段は物腰が低く、動物好きというチャーミングな一面も持つ家城氏だが、ブチキレた時のドスの利いた声は健在で「アウトレイジ」にはピッタリだ。銀幕デビューも近いかもしれない!?

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。