• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 渡部篤郎の交際相手は清原容疑者の元カノ…ワンギャルメンバーだった

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

渡部篤郎の交際相手は清原容疑者の元カノ…ワンギャルメンバーだった


渡部が真剣交際する相手は清原容疑者の“元カノ”だった

【薬物逮捕でアウト!番長の転落と闇(21)】清原事件で、あの“婚約カップル”が危機――。俳優の渡部篤郎(47)が再婚を視野に真剣交際していると報じられた元銀座ホステスXさん(39)が、覚醒剤取締法違反(使用)容疑で再逮捕された清原和博容疑者(48)の“元カノ”だったことが本紙の調べでわかった。しかも、Xさんは元タレントで、情報バラエティー番組「ワンダフル」(TBS系)のワンギャルメンバー。関係者によると、渡部はXさんと清原容疑者との過去を知らない可能性が高いという。別の銀座ママとは“シャブセックス”疑惑まで出ている同容疑者だけに、波紋は広がっている。

 本紙既報通り渡部が真剣交際しているのは、銀座の高級クラブでママをしていたXさん。6年ほど前に、別のクラブで客とママとして知り合い、昨年の7月上旬には、六本木ヒルズで、ランチデートを女性週刊誌に報じられた。

 その後、秋ごろから交際がスタート。ほどなくXさんはクラブを退店したが、常連客からは、連絡がなかったことで批判の声が上がっていた。

 それどころか、驚きの素顔が判明した。なんとこのXさんは、清原容疑者の“元カノ”だったのだ。

 銀座のクラブ関係者は「Xママは1年前、銀座の別のクラブのホステスで、清原を自宅マンションに連泊させ、半同棲中と報じられた元カノですよ。清原がその後、店のスタッフとトラブルになり、このクラブを出禁になったのと同時に別れていたんです。男性スタッフ3人をアフター先に呼び出して、女の子を席につけるのが遅かったとイチャモンをつけて、もう店に行かないとゴネたんで、スタッフ側も『来ないで結構です』と出禁になった。それでXさんも店に居づらくなって辞め、清原とも手を切ったんです」と証言した。

 さらにXさんの過去のタレント活動も判明した。明石家さんま司会の「恋のから騒ぎ」(日本テレビ系)にウエートレスとして登場し、その後、情報バラエティー番組「ワンダフル」にもワンギャルとして出演していた。

「ワンギャル卒業後、ドラマや映画に出演していましたが、2003年公開の映画を最後に芸能界を引退。その後、結婚したらしいですが、消息は不明でした」(テレビ関係者)

 後にXさんは清原容疑者と出会うことになる銀座の高級クラブでホステスとして働くようになった。出会ったころの清原容疑者は、妻でモデルの清原亜希(46)と離婚(2014年)した直後だったという。

「清原は離婚原因の一つといわれた不倫相手の銀座の高級クラブママと別れた後でした。Xさんがいる別のクラブに頻繁に通うようになって、Xさんを口説くようになった。そして昨年1月ごろにはXさんの都内のマンションに清原が泊まる関係になっていったのです」(前出のクラブ関係者)

 こうなると、覚醒剤などの薬物使用疑惑がXさんにも降りかかりかねない。「清原が頻繁に泊まっていたとなると、疑われても仕方ないだろう」(前同)

 そんな清原容疑者との親密交際を経て、Xさんは高級クラブを渡り歩き、渡部と交際をスタートさせた昨秋にはママに昇進していた。問題は渡部がこうしたXさんの過去を知らない可能性が高いということだ。

「渡部はタレント時代のXさんとは顔見知りだったようで、その後、銀座のクラブでさらに大人の女性に変貌した姿を見て改めて好意を寄せたようですが、おそらく、Xさんは清原との過去の関係を渡部には話してないと思いますよ」(別のクラブ関係者)

 清原容疑者の事件と、渡部の交際相手浮上の時期がくしくも重なったことで、判明した形だ。渡部にしてみれば、女優・中谷美紀(40)との長年の交際にピリオドを打ち、再婚も考えている相手。思わぬ過去が明るみに出て、大ショックに違いない。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。