• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 石井一久氏 清原逮捕にも「悔しいとか悲しいとかはあまりない」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石井一久氏 清原逮捕にも「悔しいとか悲しいとかはあまりない」


清原容疑者について語る石井一久氏

 元プロ野球選手の石井一久氏(42)が24日、吉本興業が都内で開催した「違法薬物に関する緊急セミナー」に参加した。

 清原和博容疑者を逮捕した警視庁組織犯罪対策5課と四谷署などの協力の下、お笑いコンビ「ピスタチオ」をはじめとする吉本の芸人と社員ら約450人が、違法薬物の危険性についての講義を受けた。

 現役時代から同じような講義を受けていたという石井氏。メジャー時代には「まだドーピング検査というのが積極的でなかった時代で。ウワサでは聞いたことあった」というが、「ボクは違法薬物には手を出さないで、ニューヨークステーキにいってました。ボクにとって一番はニューヨークステーキ」と笑いを誘った。

 もともと「あまり野球に興味がない」という“ネタ”が口グセの石井氏。現役時代も清原容疑者とは「あいさつをしたとか、声をかけられたというのはあるけど」と個人的に関係が深かったわけではない。そのためか、逮捕には「悔しいとか、悲しいとかはあまりない」という。

 ただ「プロ野球界はちょっと前から危機管理はやってきた」という自負もあるだけに、今回の逮捕で「プロ野球界はいったい何をやっているんだと思われるのが一番悔しい」と語った。

 また、「プロ野球選手もいつかは引退するもの」との大前提を持ちつつ「第2の人生をどうするかが大事。生きがいを見つけること」と語った。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。