• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 【清原容疑者覚醒剤逮捕】松本人志「薬物検査提案」の波紋

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【清原容疑者覚醒剤逮捕】松本人志「薬物検査提案」の波紋


薬物検査の必要性を説いた松本人志

 元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)が覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件を受けて、芸能界も再び対策に動きそうだ。お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(52)は、21日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、自身が所属する事務所タレントへの薬物検査実施を“提言”。2009年以来、2度目の“薬物検査ブーム”が巻き起こりそうだという。

 松本は番組で「芸能界もそんなに汚染されてるみたいによく書かれるでしょ。そこまで言う権利はないけど、せめて吉本だけでも、もう何か検査、抜き打ちでもやってほしいわ」と発言した。

 芸能プロダクションが所属タレントや社員への薬物検査を熱心に行うようになったのは09年。酒井法子(45)、押尾学(37)が立て続けに違法薬物事件で逮捕された時だ。「世間から芸能界への風当たりが強くなり、マネジメントサイドも薬物への対処をしないわけにはいかない状況だった。そこで多くの芸能事務所がタレントや社員への薬物検査を行い、薬物問題に取り組んでいることをアピールした」と芸能プロ関係者。

 だが、あれから6~7年がたち、芸能界の薬物排除にかける“熱”が減少していたことは否めない。もちろんタレントが薬物に手を出しているとすれば、発覚した時には大きなリスクがあり、事務所にとっても大きなマイナスとなる。「まともな事務所は、常々『クスリには絶対に手を出すな!』と指導している。それでも薬物検査までする事務所は明らかに減った」(前出関係者)

 厳密に言えば清原容疑者は芸能界というよりも球界の人間だが、引退後はバラエティー番組にも多く出演しており、決して芸能界と無縁の存在ではなかった。その清原容疑者が逮捕されたことで、芸能界は再び薬物排除に向けて動きそうだ。「一昨年のASKAに続いて、清原も逮捕され、いまだ薬物を排除できていないと世間に受け止められても仕方がない。清原の事件を機に、薬物検査を再開する事務所は増えそうです」と芸能プロマネジャー。

 また21日のTBS系「アッコにおまかせ!」で、和田アキ子(65)は清原事件に触れ「よく言われるのが、どうせ戻ってくるんでしょ、芸能界は甘いから。芸能界そんなに甘い? 甘ないよね」とコメントした。

 確かに、過去に薬物事件で逮捕されたタレントが今もテレビに出ている現実はあるが、ここ数年で大きく変わったことは間違いない。和田が言うように、一度失敗したタレントにとってはとても甘いとは言えない状況となっている。

「スキャンダルを起こしたタレントがテレビに出ることはかなり難しくなった。特に覚醒剤で逮捕されたとあれば、なおさらです。ここ数年、何かあると番組スポンサー企業に抗議が殺到するようになったため、企業が出演を許さなくなったのです。実際に酒井だって全国放送の番組に出演したが、関東では放送されないということも起きています。それだけ厳しくなった」とテレビ局関係者。

 清原容疑者は初犯とあって、起訴されても執行猶予付きの判決になるとみられている。だが、復帰に関してはいばらの道が待っていると言えるだろう。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。