• 文字サイズ

トップ > エンタメ > 芸能 > 映画主題歌決定のSKE48メンバーが「プリパラ」コスプレ らぁらコスの珠理奈「恥ずかしい」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画主題歌決定のSKE48メンバーが「プリパラ」コスプレ らぁらコスの珠理奈「恥ずかしい」
2016年02月17日 08時00分

「プリパラ」の衣装を着たSKEの高柳(左)、松井珠(中)、後藤

 SKE48の松井珠理奈(18)、高柳明音(24)、後藤楽々(15)がアニメ「プリパラ」のコスプレをしたキュートな写真が17日に公開された。


 これは3月30日発売のSKE48最新シングル「チキンLINE」がアニメ映画「プリパラ み~んなのあこがれレッツゴー☆プリパラ」(3月12日から全国ロードショー)の主題歌に決定したことにちなんだもの。SKE48にとってアニメ映画とのタイアップは今回が初となる。


「プリパラ」は2014年7月から放送された神アイドルを目指す「らぁら」を主人公とした女児向けアニメで、劇場版は今回で3作目。今回の決定を受け、松井が「らぁら」、高柳が「ドロシー」、後藤が「そふぃ」と登場キャラの衣装を着た写真も公開された。


 SKEの主題歌起用について同映画のプロデューサーは「主人公は神アイドルを目指す女の子たち。子供たちのあこがれの的になってもらえるようトップアイドルとして活躍されている方が適任だろうと考え、数ある候補の中から選ばせていただきました」と明かしている。


 松井は今回のタイアップについて「普段SKEを応援してくださるファンは男性が多いので、同性や女の子たちにも聴いてもらえる機会が増えるのはうれしいです」と喜ぶ。主人公・らぁらのコスプレには「私服でも衣装でもかわいらしいものを着ないので、ちょっと恥ずかしいですが、新鮮な気持ち。7年くらい前(小学生くらい)だったらなとも思いました」とコメントした。


 昨年SKEに加入した後藤はプリパラファンやアイドルを目指す女の子たちへ「自分はらぁらちゃんみたいに、最初は『自分にアイドルなんて…』と思っていたのですが、思い切ってやってみると本当に楽しくて、新しい自分にも出会えたりしました。歌って踊ることが大好きな人は特に楽しいと思います。やってみないと気づかないことってあると思うので、ぜひ挑戦してほしいなと思います」とエールを送った。


 高柳は2月に行われた「ライブミュージカル プリパラ」に青井めが姉ぇ役で出演した“自称プリパラファン”。今回の映画では元AKBの川栄李奈(21)が声優を務めており「プリパラファンとしては私も出演したかった!と少し悔しい思いがありましたが、主題歌を歌えることになったので、気を静めることができました」と笑った。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】






【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】プレミアムGⅠヤングダービー
1号艇の松田大志郎(福岡)が優勝!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

豊かな感性・ガッツのある方を歓迎します。

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はとこなめボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。